【2018年版】今から仮想通貨投資を始めて稼ぐための入門知識をまとめました!

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!シュガーです。

仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。

長期投資では誰も負けることがなかった2017年。そして2018年最初の大暴落…。

ちょうど2018年の年始直後、バブルの後半から乗っかった人たちは大きく資産を減らしたことが予想できます。

これはどういうことかというと、大きく盛り上がった後の参入では遅すぎるということ。

相場は懐疑の中で育ちます。ビットコインが再び上がり始めようとしている今参入するのは、かなり面白い賭けだと個人的には思っています。

とにかく今からでもチャンスを逃がさないために必要なのは、いつでも仮想通貨の取引ができる準備をしておくことです。

私もかなり出遅れてしまったので買い時が見つからないなぁと思って指をくわえて見ている状況が続きましたが、そんな時突然暴落して「ここが買いだ!」と思った時に、取引の準備ができていないとどうなるでしょう。

再びチャンスを逃してしまうことになりますよね。取引所に登録して実際に取引できるようになるまで、少なくとも2,3日かかってしまうのですから。

なので仮想通貨投資に少しでも興味があるなら、最低限チャンスを逃さないために、仮想通貨の取引ができるだけの準備だけはしておくことをおすすめします。そんなに時間もかからないですからね。

登録方法に関しては、本人確認書類の写真を撮ってアップし、後はハガキが来るのを待つだけ。なので全然手間はかかりません!(もちろん無料です)

最初に動くのって面倒ですが、意外とすぐ終わりますよ!

何より、めちゃくちゃ楽しいんですよコレ。ゲーマーでハマる人、多いんじゃないかと思いますね。

スポンサーリンク

Contents

仮想通貨って怪しくない?

まず、仮想通貨に手を出せない方々が思うところはこれでしょう!

ですが、まずこれが大きな間違いです。

詳しくは下で挙げている本などを読んで勉強してほしいのですが、ここでは超ザクっと説明しますと、

  • お金とは、信用があるから(円でいえば、政府が発行しているから)価値がある。
  • 仮想通貨の信用とは、ブロックチェーン技術によって資産や送金履歴のデータが残り、それが改ざん不可能であること、つまり技術的な信用による。
  • 仮想通貨は、円やドルと違って国に管理されていない通貨(非中央集権)である。
  • 非中央集権故に怪しいのではなくむしろ国に管理されていないことこそが仮想通貨の良さである。
  • つまり、政府が破綻し、例えば円の価値が0になったとしても、自分の資産を残すことができる。(実際、海外で国家関連のネガティブなニュースが出た場合、ビットコインが買われて価格が上昇する傾向にある

シンプルに説明するとこんな感じです。これだけでもだいぶ印象が変わるのではないでしょうか?

今起きている問題の殆どは、仮想通貨自体の問題ではなく、仮想通貨を扱う人々や取引所など、仮想通貨を取り巻く環境の問題ばかりです。この辺りもこれからどんどん整っていくのではないかなと思ってます。

仮想通貨で儲けが出るのってどういう仕組み?

仮想通貨投資は割りと単純で、例えば

1BTC(ビットコイン)=20万円の時に1ビットコインを買っておいた場合、

1BTC(ビットコイン)=80万円の時に売ることで、約60万円儲かるということになります。

ちなみに、もうビットコインが高すぎて買えないと思っている方もいるかもしれませんが、ビットコインの最低購入単位は1BTCではありません。「0.0001ビットコインを購入」などかなりの少額からも始められるので、初心者にもおすすめできます。1000円でもいいので一度持ってみることを強くおすすめ。

とりあえずビットコインを買いたい!という方にはbitflyerがおすすめです。

仮想通貨投資が他の投資より簡単なところ

仮想通貨投資は、投資未経験者にもかなりおすすめしやすいです。

その理由はいくつかあって、

①材料に関してかなり素直に値が動く

仮想通貨には、たくさんの上げ材料があります。

ハードフォークやエアドロップ、Burn、リブランディングなどなど…。ここで細かいことは説明しませんが、基本的には材料があればそのとおりに素直に値が上がるので、仕込むのが割りと簡単です。

ただし全体の地合いが悪いと上がらなかったりするので、相場全体の雰囲気をつかむことは大切です。しかし2018年の暴落相場の中でもしっかり材料があるアルトコインは値上がっているので安心しました。

②取引所で扱われているコイン自体の数が少なく、迷わずに済む

下でおすすめする取引所では仮想通貨の数がかなり厳選されており、数がそこまで多くないので「どれに手を出していいやらさっぱりわからない」という初心者特有の悩みが生まれずに済みます。

1つでもいいので買ってからチャートを眺めてみると、だいたいそれぞれの通貨の動きが見えてきますし、数も少ないのでそれぞれの仮想通貨を一つ一つ勉強していく余裕もかなりあります。

まずは下でおすすめするcoincheckのアプリでチャートを見るのがおすすめです。

仮想通貨の取引に使う取引所は、最低限5つくらいは登録しておきたい

最低限の準備として、仮想通貨の取引のために、取引所に登録しておく必要があります。

まずここで、1つだけの取引所を登録して使うということは有り得ません。後述しますが、取引所によって取扱のある銘柄が全く違うので、複数の取引所を使えないと全然目当ての銘柄が買えないからです。

最初の手間ではありますが、ここでは最初に最低限登録すべき取引所を5つ紹介します。他にも細かくおすすめの取引所がありますが、まずはこの5つがあれば初心者は大丈夫かと思います。

それが、

の4つと、+αとして

の5つです。

この5つは誰もが使っているといっても過言ではないので、最初にとりあえずで登録してしまって問題ありません。登録にお金はかからないですしね。

「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」「Bitflyer(ビットフライヤー)」「bitbank(ビットバンク)」を比較してみると…

この4つにはそれぞれの強みがあるので、自身の運用法によって使い分ける必要があります。

Coincheck(コインチェック)の特徴

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

  • アプリが非常に使いやすく、とっつきやすさでは3つの中でも最高
  • 国内取引所の中ではコインの品揃えが圧倒的に充実していて、投資の幅が広い
  • 長期投資では年率5%の利子がもらえるサービスがある
  • コインチェックを間に挟んで取引する販売所しかないため、手数料によるスプレッドがかかる(買値と売値に差がある)
  • スプレッドがあるため、短期トレードには不向き(頻繁にトレードするとスプレッド分損する)

とにかく見た目がわかりやすく、使いやすいのが特徴。

初心者から上級者まで幅広く使える取引所になっています。最初に登録するのに最もおすすめなのがこのCoincheckですね。

特にアルトコインの取扱が多く、他の取引所では購入できないものが多数あるため、登録は必須。

ただ販売所しかないのがデメリットで、同じコインなら下2つの取引所で板取引したほうがお得になります。コインチェックの役割は、ここでしか買えないコインの中期~長期運用ですね。スプレッドが想像以上にキツいので短期にはあまり向かないと思います。

コインチェックでアルトコインを売買するときの手数料は、Changellyを使うことで大幅に減らすことができます!コインチェックを使うなら10000%必須のツールですので、必ずチェックして下さい!↓

こんにちは!シュガーです。 今回は仮想通貨投資で必須ともいえる便利ツール、「Changelly」を紹介します。 特にコインチェッ...

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードにも向いている
  • Zaifトークンをはじめ、ここだけでしか買えないトークン類が数多くある
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱く、いざという時に注文が通りにくい(最近はサーバーが強くなってきてます)
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは全く問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。

簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

Zaifトークンをはじめとしたここでしか買えないトークンが多いのも特徴。特にZaifトークンは個人的に簡単に稼げる銘柄なので気に入ってます。文字通り安い時に買って置いておき、高くなったら売るだけで簡単に増やせますw

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

Zaifの積立投資に関して、詳しくはこちらの記事をどうぞ!

こんにちは!シュガーです。 本日11/26、1ビットコインが100万円にタッチしましたね。 年内には行くだろうと言われていました...

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • セキュリティの強さが世界一だと評価されている
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない

bitflyerの一番の強みは最大手であることからくる安心感。

特にセキュリティは世界一だと評価されており、仮想通貨の一番大きなリスクであるハッキングに関して若干の安心感があります(かといって信頼しきるわけにはいきませんが)。

このように国内取引所では一番安心感があるので、海外取引所から円にして出金したい場合は私はこのビットフライヤーで出金しています。

また、国内でFXをやるならここがおすすめ。株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない(口座入金分以上に損をしない)

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

最低限この4つの取引所を全て登録しておかなくてはいけない理由!

基本的に、上で紹介した4つの取引所くらいは全て登録しておくのが好ましいです。というより、結局登録することになると思います。

その一番の理由は、上で述べたように取扱のあるコインがそれぞれの取引所で違っているからです。

この記事の最初でも述べたように、チャンスを逃さないために仮想通貨の取引ができる準備をしておくのであれば、出来る限り幅広いコインの取引ができるようにしておく必要があります。特に仮想通貨は値動きが激しいので、特にアルトコインは分散して投資するのが基本ですから。

まず、上で紹介した中で最もアプリが使い易いのはコインチェックなので、とりあえずコインチェックだけ登録しようかなと思う方もいるでしょう。

これは絶対NGで、コインチェックでZaifにも取扱があるコインを買うと、手数料(スプレッド)で結構な値段を損してしまいます。例えばイーサリアムやビットコインキャッシュは、コインチェックで売買すると損です。Zaifでやりましょう。

かといってZaifだけでいいのかというとやっぱりそれもNGで、Zaifにはメジャーなアルトコインや、将来性に期待されるLISKやDASHなどを買うことができません。コインチェックで買う必要があります。なのでコインチェックも必要なわけです。

同様にビットバンクも、リップルが唯一手数料なしで買える国内取引所なので、やっぱり必須になってきます。

じゃあビットフライヤーは?というと、ビットコイン売買用にやっぱり欲しいです。というのも、同じく取引所でビットコイン取引ができるZaifはサーバーが弱く、値段が急騰したり暴落すると、ほとんどの場合で取引が通らなくなります。同じ板取引ができるなら、ビットフライヤーのほうが上なのは間違いありません。また、私はその安心感から日本円の出金もビットフライヤーでやるようにしています。

と、こんな具合に使い分けがあるので、上の4つはとりあえず登録しましょう。

最近、アルトコインの台頭でZaifに申し込みが殺到しており、本人確認まで結構な時間がかかってしまうようなので、早めに行動に移しておきましょうね!(私は4日で済みました)

さらに、ガチで稼ぎたいなら海外取引所「Binance(バイナンス)」は必ず登録すべき!

ここでは、初心者でも更にガチで稼いという方のために必要不可欠な取引所を紹介します。

それが、海外取引所のBinance(バイナンス)。

ここでは有名どころとしては時価総額で上位に入っていながら国内で取引のない「ADA」や「TRX」などが買えます。

さらに、ここではアルトコインを国内取引所とは比べ物にならないほど数多く取り扱っており、しかもZaif同様全てのアルトコインで板取引ができるので大きく稼ぎたいなら必須となっています。

なぜ大きく稼ぐために必須なのかというと、ここでは通称shitcoin、草コインと呼ばれるまだ将来性未知数のコインが連日+50%のように爆発することがよくあるからです。つまり今でも先行者利益を得られる可能性がそこらじゅうにゴロゴロ転がっているということです(ただししっかり情報を収集する必要アリです。当たり前ですが草コインは価値が0になることだって大いに有り得ますので(shitcoinを直訳すればクソコインなので笑))。

私も、今まで資産を一番増やせている取引所は圧倒的にこのバイナンス。登録から数週間という短期間で3倍にまで持っていけました。しばらく国内だけ使っていたので勿体なかった…。

他の海外取引所と違い、このバイナンスはなんと日本語に対応していて、かつ非常に使いやすいため国内取引所より敷居が高いとはいえ、初心者にもかなりおすすめできますよ!

Binanceの登録には上記国内取引所と違って免許証の写真やハガキの送付が必要ないので、今すぐ使い始めることができるのも嬉しいところ。

Binanceへの登録方法(3分で終了)

海外取引所なので少し腰が重い方がいるかもしれないので簡単に解説を。

Binance(バイナンス)まずはここからアクセスし、

PCの場合は画面右上で日本語化してから「登録」を。

スマホの場合は画面右上の「Register」から、

メールアドレスとパスワードを入力して届いたメールのリンクを踏むだけで登録完了です。

想像以上に簡単ですね!

Binanceでは円が使えないのでビットコインを送る必要がある

海外取引所であるバイナンスでは「円」が使えないため、ビットコインを文字通り基軸通貨として使う必要があります。そのためには他の取引所からビットコインを送金するか、

こんにちは!シュガーです。 今回は仮想通貨投資で必須ともいえる便利ツール、「Changelly」を紹介します。 特にコインチェッ...

こちらで紹介しているChangellyを使って他の仮想通貨をBTCに両替して送金するのがおすすめ。ビットコインは送金手数料が高いのでChangellyのほうがお得です。

バイナンスにビットコインを送る際のアドレスは、「預金の引き出し」→BTCの「預金」をクリックすれば見ることができます。

仮想通貨投資はいくらから始めるのがおすすめ?

仮想通貨投資は、最初にも書いたようにかなりの少額から始めることが可能です。

ですが、私にはおすすめの金額があります。

それが、10万円

理由は単純に、1万円だと頑張って倍にまで持っていっても2万円にしかならず、これくらいの金額だと投資の情報収集にかける時間、人によりますが精神の消耗などにちょっと割に合わないと感じるからです。

個人的には10万円は結構おすすめです。これなら1.5倍の波に一回乗れば5万円増えるので、小遣い稼ぎにしてもかなり美味しいですよね。

ちなみに100万円あれば、10%を数回当てる程度で普通のサラリーマン程度に稼げるので、100万円入れる余裕があるならかなり高速でお金が増えると思います。私も原資は100万円を投入しています。

余剰資金からの投資金額の割合では、

初心者は1割程度強気な人は3割程度もっと強気な人は6~7割程度突っ込んでいる人が多いようです。実際今までの相場だと、ぶっちゃけ多く突っ込んでいる人ほど得をしていますねw

ですが、ある程度稼いだらしっかり原資(+α)は逃しておいたほうがいいです。その時点で負けはなくなるので、投資にもかなり冷静になれますからね。

初心者のための仮想通貨投資のコツ

ここからは初心者の方々のために、私が経験したことから感じる仮想通貨投資のコツをいくつか挙げておこうと思います。

①買いは、とにかく落ちている時に仕込んでおく。上がってからでは遅い。

まずはコレ。超当たり前ですが再度念を押す。

仮想通貨は頻繁にお祭り騒ぎがおきますが、そのお祭りに後から乗るのはかなり難しく、初心者では正しい判断ができずに損する可能性が大です。

私はBCHを7万円台、LSKを500円台という上昇前の価格で所持していたんですが、一旦利確後に再び拾い直して参戦するという立ち回りはあまり成功したとはいえませんでした。

最初に購入した枚数はそれぞれ4万円分、7万円分とあまり多くはなかったんですが、それでも後から金額上乗せで再び買ってからの利益よりも多い利益が出ていました。(LSKはまだこれから上がると思っているのでこれからですが)

とにかく後乗りではなく落ちている時に仕込んでおく、これ鉄則ですね。

②そのために情報収集をしまくる!おすすめサイト紹介

落ちている時に仕込むには、価格が上がる材料をいち早く掴んでおく必要があります。

そのためには情報収集&情報収集&情報収集。

私は主にTwitterでその仮想通貨のハッシュタグ、ドルタグを読み漁ったりして、知識を増やしていきました。暇があれば読みまくってます。

そしてファンダメンタルの情報収集でおすすめなのが、このCryptocurrency Calendar。ここをチェックしておくだけで本当に全然違います。仮想通貨関連で一番おすすめのサイトです。

あとは、それぞれの仮想通貨自体の勉強も絶対にしておくべきだと思います。マイニング難易度やハードフォーク、半減期など、意味がわからないと価格にどう繋がってくるのか理解しづらいですしね。

私が最初にとりあえず読んだ1冊がコレで、

これで入門知識としては結構整ったと感じています。

また、投機(ギャンブル)ではなく、あくまで将来性のあるしっかりしたものに投資をしたいという方は、

これがすごくおすすめです。ブロックチェーンについての理解も深まります。

あとはyoutube、Twitter、ブログなど、とにかく情報になるものはなんでも読み漁って勉強しました。

私が個人的に面白かったのが、Newspicksで配信されている落合陽一さんのWeekly Bitcoin。投資うんぬんよりも、仮想通貨に関しての話自体が面白すぎて超刺激があります。話を理解するために勉強するので、知識も増えて一石二鳥。これからも絶対毎回チェックする予定です。

③チャートの見方を勉強する

私は株などの投資も全くしたことがないのでチャートの見方を全く知らなかったのですが、仮想通貨投資を始めてから株の本を読んだりyoutubeで勉強したりして少しずつ知識をつけていってます。

テクニカル分析で一番おすすめの本は、

これです。

値段が高く、少し前の本ではありますが、図解が多くてめちゃくちゃ読みやすく、スラスラ中身が入ってきます。網羅性が凄いので、最初の一冊には間違いなくおすすめの一冊です。

④底で拾って天井で売るという欲に走らない

当然ですが、買うなら一番安かったときの価格で。売るなら一番高い時に売るのがベストです。

でもその欲は捨ててしまったほうがいいんじゃないかなと思いました。

要は、「高騰している時に持っていればいい」のです。

下がっている時に、「もう少し下がるかもしれないからもうちょっと待とう…」などと思っていると飛んでいってしまうなんてことは本当によくあります。

また、利確した後にさらに価格が伸びた時はまるで負けたような気持ちになりますが、それを負けと思わない心が必要。そこで欲を出してもう一回買おうとするとケガしますしね。

「損していなければ負けていない」

という考え方を持っておいたほうが、結果的にリスクを取らないため失敗する回数を減らせそうです。

一番欲が出るのが、やはりお祭り相場になっているとき。でもそういう時に強欲になると痛い目にあいます。冷静に、混乱した相場には手を出さない選択をしたいですね。

利確、損切にはそれぞれ自分のルールを決めておくのがいいかもしれません。(何%越えたら利確、何%減ったら損切など)

⑤噂で買い、事実で売る

投資の格言の1つですが、仮想通貨投資にも超当てはまります。

半減期や、ミートアップ、Burn、新情報公開などの日程が決まると、それに向かって相場が動き始めます。特に材料が上向きの場合は、この時点から価格が上がってきます。

この時点で買うのが、「噂で買う」ということ。

そして注意なのが、事実、つまりその上昇材料の当日になったときには、なにか目玉級のことがない限り、そこからさらに上がったりはせず、むしろ落ちることが多いということ。その時点で利確する人が多いためです。

特に情報公開系は、発表内容がマイナスでなくとも、それなりの情報程度では落ちます。もともとの価格より落ちたりすることもあります。

なので、できれば相場が一番盛り上がっている一週間前〜数日前くらいには売り抜けてしまいましょう。リスクを考えるならば「噂で買い、事実で売る」はとても有効な戦略です。

⑥3割程度のFiat(法定通貨)を必ず残して買うようにする

暴落時に備えて、3割程度の余力を残して買うのも徹底しておきたいところ。

私は大きな暴落時にこの3割を使って買い、反発したところを利確するという使い方をしています。

チャンスだと思ったら全ツッパしたくなる気持ちはわかりますが、やはり暴落は突然やってくるもの。それをチャンスに感じられるように余力を残しておくだけで、メンタル面の余裕が全然違ってきます。

⑦初心者は積立投資が超おすすめ

初心者は相場を読む力もないので、変動が多い仮想通貨投資では毎月同じ額を同じように投資する積立投資もおすすめ。

安いときも高いときも同じように買うことになりますが、積立投資は同じ額を投資するため安い時は多く、高い時は少なく買うことになり、価格変動のリスクを抑えられます。

なんと仮想通貨投資では毎月1万円ずつ積み立てると半年ちょっとで150万円弱になったという例もあり、利益率が異常に高いといえます。

積立投資はZaifで行うことができますよ!

こんにちは!シュガーです。 本日11/26、1ビットコインが100万円にタッチしましたね。 年内には行くだろうと言われていました...

【2018年版】ビットコイン以外のおすすめ仮想通貨

何を買っても上がっていた2017年に対して、2018年は実需の年になるのではないかという見方が広まっています。つまり、仮想通貨の中でもちゃんと実用化出来てやっと評価される段階にステージが進んだという考え方ですね。

現状でかなり評価されている銘柄を紹介しますと、

  • イーサリアム(ETH)  ←Zaifで購入
  • リップル(XRP)  ←bitbank or Binanceで購入
  • ネオ(NEO)  ←Binanceで購入

この3つの評価は数多い仮想通貨の中でも群を抜いて硬いように思います。初心者の長期投資にはかなりおすすめしやすいのが上3つかなと。

ですが、実際に取引所に入ってみると、注目すべきアルトコインはその時々で変わり、基本的には全てに注目すべきだということが感覚的にわかってきます。

繰り返しますが、仮想通貨投資に興味がありつつもまだやっていない方にとっては、チャンスが到来したときにすぐ投資できる環境を作っておくことこそが最重要です。

この記事を偶然読んでくださったあなたも、是非この第一歩を踏み出しましょう!

私が個人的におすすめする、最初に買う仮想通貨はコレ!

ここからは右も左もわからないという方に向けて、私が個人的におすすめする最初の買い方を紹介しようと思います。

もちろんあくまで個人的なおすすめですので、投資は自己責任でお願いします!

まずは

の4つを登録。無理のない少額でいいので、4つの取引所に入金します。最初は単に慣れるための買いなので、少額で構いません。

ガチでやる気なら当然「Binance」も登録し、上で紹介した$NEOを買ってもいいかも。

まずBitflyerでビットコインを購入

そしてまずBitflyerではビットコインを買い。なんだかんだで一番安定感があり、短期的に落ちることはありますがすぐに価格が戻ってくることが多いです。

長期的に持つかどうかは慣れてくると自分で考えられるようになると思うのでおまかせしますが、とりあえず最初にはおすすめできます。

CoincheckではLSK(リスク)が個人的おすすめ

次にCoincheckでは、個人的にはLSK(リスク)とDASH(ダッシュ)がおすすめ。

LSK(リスク)

LSKはイーサリアムと似たシステムを持っていますが、開発言語にJavaが使われており、将来性にも期待されています。2018年も引き続きかなり期待できる銘柄です。

チャートもこんな感じで美しく上昇中。価格も執筆時1000円前後で推移していて、これからの爆発力にも期待がもてます。

ZaifではETH(イーサリアム)とBCH(ビットコインキャッシュ)とMONA(モナコイン)

ETH(イーサリアム)

ビットコインに次いで時価総額第二位のイーサリアム。実は送金に使われている仮想通貨のランキングでは既に50%以上で第一位なんですよね。

値動きはおとなしめですが、将来性が評価されて大きく伸びる可能性を秘めていると思われます。

ビットフライヤーとコインチェックでも買えるイーサリアムですが、スプレッドなしで取引できるのはZaifだけなので、Zaifで買うようにしましょう。

BCH(ビットコインキャッシュ)

Zaifで私が最初に買ったのがビットコインキャッシュ。

とにかく、ビットコインキャッシュは爆発力がとんでもないです。

もともとはビットコインに送金速度やデータ容量不足の問題が生まれた時に分裂して出来たものですが、その問題を解決済のビットコインキャッシュはほとんど全ての点でビットコインを上回っており、ビットコインキャッシュこそ本物のビットコインだという動きも最近目立ち始めました。

ただ、豊富な材料に対して値動きがなかなかないので、難しい銘柄でもあります。

MONA(モナコイン)

モナコインは、国産の仮想通貨です。

秋葉原などで最近モナコインを使って決済できるお店が増え始めているようで、クリエイターに対しての投げ銭としても注目され始めています。動きはまだ読めませんが、私は積立投資でコツコツ増やしていこうと思っています。

BitbankでXRP(リップル)を購入

bitbankではリップルを購入。bitbankはリップルの取引量が世界一です。

XRP(リップル)

国際送金のためのプラットホーム、リップルで使われる仮想通貨。送金スピードがとんでもなく早く、手数料も安いのが特徴。

銀行がこのリップルの技術を取り入れると発表しており、今後の発展にもかなり期待できます。実用化という面で考えると、他の銘柄の一歩先を行ってますね。

仮想通貨投資に慣れてきてからは自分で考えて行動を

まずは上で紹介した銘柄を少額買ってみて、値動きに慣れてくると後は自分で考えられるようになるんじゃないかなと。

仮想通貨は本当に1週間に一度は大きな動きが訪れるので、一回買うと嫌でも経験値がめちゃくちゃ貯まります。今は知らない他の仮想通貨に対しても、どんどん知識が増えていくでしょう。

その過程が私にとっては本当に楽しくて、経験と知識を積んで自分なりのシナリオが描けるようになってくるとどんどん成功も増えて楽しさも増していくと思います。

みなさんも無理ないところから、この面白い世界に足を踏み出してみてはいかがでしょうか!