映画『マイティ・ソー/ラグナロク』感想:80点【ネタバレ対策あり】

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!シュガーです。

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」を観てきました。二回も。笑

邦題がバトルロイヤルなのは本当に酷いと思ってるので、記事タイトルはラグナロクにしてやったわい。検索からのアクセスが減るなんて知ったこっちゃない。

時々邦題って事故りますけど、なんで最終決定でそれで行こうと決められるのか気になりますよねw

今作でいえば、マイティ・ソーシリーズのおそらく最終作ですし、作品の根底であるラグナロクよりも物語の途中でのお祭りイベントのほうをタイトルに回すってセンスなさすぎでしょう。

これで愚痴ってるとどんどん記事が長くなりそうなので、この辺で切りまして、あらすじから紹介します!

スポンサーリンク

シリーズ最強の敵、死の女神ヘラによってアスガルドが危機に

今作のヴィラン(敵)は死の女神、ヘラ。

このヘラがまぁクソ強い。明らかに今までのアベンジャーズシリーズでも一番「これ、勝てるんか?」感のあるヴィランでした。

予告編にもありますが、ソーにしか扱えないどころか持ち上げることもできないハンマー「ムジョルニア」を片手で受け止めた後握りつぶしてしまうほどの握力の持ち主です。笑

ヘラを演じるのはケイト・ブランシェットですがめちゃくちゃハマってましたね。妖艶かつ恐ろしい雰囲気が凄く出てましたよ。

最強の敵に立ち向かうのが最強のチーム「リベンジャーズ」

ソーはヘラとの戦いではるか彼方の星に飛ばされ、そこで捕らわれてバトルロイヤルというイベントに参加させられることになってしまいます。

予告編などでも散々ネタバレされているのでここで書きますが、そこでチャンピオンとして現れるのがあのハルク。

アベンジャーズのメンバーで最強といえば誰もがソーかハルクのどちらかだと言いますが(映画の演出では若干ハルク優勢な気がしますが)、そのソーとハルクが戦うというのですからテンションが上がらないはずはありません。このシーンは笑いありアクションありの大満足な仕上がりでした!

さらにソーにとってはハルクと再会できたのは予期せぬ大チャンスで、この星でスクラッパーとして活動していたアスガルド人のヴァルキリーを加えた最強の即席チーム「リベンジャーズ」でヘラに対抗しようと考えます。

ここに弟のロキも加わって、ソー、ロキ、ハルク、ヴァルキリーというシリーズ中で最もパワーのあるチームが完成。

まさに最強の敵と最強のチームの戦い。テーマソングである「移民の歌」と合わせて、アガらないはずがないですね。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのようにコメディ感満載でエンタメとしてハイクオリティ

ソーは一作目、二作目共に割りとシリアスな雰囲気の映画だったんですが、今作はかなりコメディ色強めで、雰囲気がかなりガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに近いです。

おそらくガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがかなりウケたので、そのノウハウをこちらにも活かしてきたんでしょうね。最近のソーのキャラにも合ってますし、ソーを演じるクリス・ヘムズワースはかなり素に近かったようですw

細かい笑いがかなりの頻度で挟まれるので、2時間越えの本作が本当にあっという間でした。

でも一番ジワジワ笑えるのはチョイ役でマット・デイモンが出てたことかも…w役者の無駄遣いすぎる…w

ソーとロキのコンビが最高

また、ロキとのコンビも最高でしたね。というかロキ萌えが半端なかった。アベンジャーズの時にコールソンを刺したのももう許せそうなのが怖いw

劇内で笑いが起こっていた「助けて」のシーンがyoutubeで公開されています。

なんだかんだでいい兄弟なんだよなぁ…w

マイティ・ソー/バトルロイヤルのために復習しておくべき作品

今作はマイティ・ソーシリーズ3作目のため、劇場に足を運ぶ前にいくつか観ておくべき作品があります。

  • マイティ・ソー
  • マイティ・ソー/ダークワールド
  • アベンジャーズ
  • アベンジャーズ/エイジオブウルトロン

この4作は是非観てから。

マイティ・ソーの2作はギリギリなくてもいけるかもなので、急ぎの方はアベンジャーズ2作かな。

特に「アベンジャーズ」は、ロキとハルクの関係性を理解するのに必須です。だからこそ笑える場面が凄く多いんですwハルクが出てきた時のリアクション、ソーよりロキのほうが何倍も良かったっていうw

現在上の作品で、「アベンジャーズ」以外の3作品はhuluで配信中です。なぜ「アベンジャーズ」がないのか。無能すぎる。

でもマイティ・ソーの2作は記憶から抜け落ちてる部分があったのでだいぶ助かったんですけどねw

次のページではネタバレ込みでの感想を綴っていきます!