世界樹の迷宮X:HEROIC攻略日記②第二迷宮「碧照ノ樹海」攻略まで!

シェアする

こんにちは!シュガーです。

世界樹の迷宮クロス、第二迷宮に突入です!

正直第二迷宮をクリアした段階では、難易度ヒロイックの割に簡単すぎるような気がします。割と本気で間違えてベーシックになってないか確認したくらいで、今回序盤の難易度はかなり抑えめになっているように感じます。

パーティメンバー変更

前回の最後の職感で書いたように、セスタスをガンナーにチェンジ。

これで編成は、

ヒーロー|リーパー

ナイトシーカー|プリンセス|ガンナー

に。

セスタスをガンナーに変えた理由としては、

  • セスタス自身の火力がかなり低く、TPも低いので燃費が悪い
  • 壊属性のアタッカーとしても火力不足で、ヒーローのシールドアーツのほうが火力がある
  • そのため、突属性のガンナーでも壊がなくなったことによる不便さを感じないと判断
  • ヒーローの火力が想定外の高さで、残影だけでなく本体も前衛に維持したいため前衛2人構成のほうがよかった
  • ガンナーは後衛で、範囲攻撃、防御だけで前列回復などセスタスと比べて攻撃・支援の幅が広い
  • 現状、雑魚ボスともに腕と脚封じが有効な敵ばかりで、頭封じの必要性がまだ感じられない
  • 腕と脚に関してはガンナーでも封じ可能な上、アクトブースト使用時は二連続で発動するのでボス相手でも封じ役として見劣りしない

とこんな感じで、序盤に関してはガンナーのほうが優秀な働きをすると確信した上でチェンジしました。

結果からいえばこれは正解です。序盤はセスタスは使いづらいのでベテラン以降に期待ですね。

第二迷宮「碧照ノ樹海」攻略

世界樹の迷宮4でお馴染みの迷宮。ただマップくらいは新しくしてほしかったかな。

ちょうど発売前に4をやっていたので、まだ記憶に新しすぎた…。

どんどんサブストーリーも消化していきます。

滋養溢れる薬草

薬草はここで入手可能です。

清らかな水を探して

清らかな水はここ。

回復スポットとしても有能です。

小迷宮「小さな果樹園」で宝箱回収

ストーリーを少し進行すると入れるようになる小迷宮「小さな果樹林」では、知恵のピアスと、

300エンを回収。

FOEもあまり強くないので鍛えるのにも役に立ちますね。

マリモの場所

サブストーリーのマリモはB3Fのここで回収。

治療の腕輪を回収

治療の腕輪は我流治療が使えるアクセサリ。第一迷宮で入手した蘇生のアクセサリと合わせて回復役がいない場合に便利ですが、私は枠がなくて装備せずw

木材を6本集めて帰るとハマオが3つ手に入る

木材を集めてくるよう依頼されるクエストでは、最大の6本を持ち帰るとハマオが3つもらえました。

希少個体の森の破壊者と対決

そろそろ帰ろうかなというときに希少個体がいたので喧嘩を売ってみた。

雑魚戦で事故る気配もないし、ヒロイックの割に緊張感がなかったので調子に乗ってしまったw

が、やっぱり余裕だったりする。

帰る前なのでTPは切れそうでしたが、やられる気配がないんだよなぁ。

経験値激ウマ!

これでボスも楽勝だろ〜と思っていた私ですが、ボスはちゃんと強かったので安心したのでした。

獣王ベルセルケル攻略

獣王ベルセルケルとは2回戦うことになります。

1回目はB3Fに入って少し進むと襲いかかってきますが、ここは全然苦戦せず。

またも腕封じが有効なので、腕を封じたり盲目で畳み掛ければすぐ終わりました。

2度目はB3Fの奥です。

ここでは森の破壊者に乱入されないように戦う必要があります。

正直森の破壊者くらいなら2体とも倒しちゃえばいいかと思ったんですが、ちゃんとパズルしましたw

2箇所の木を破壊させてから、このルートで進めばOKです。

ベルゼルケルはやっぱり腕封じで余裕なので、腕を封じたらしっかり火力を集中するようにすれば苦労はしないかと思います。

世界樹4のときもめちゃくちゃ弱いボスでしたからね…w

とはいえ今回は流石に体力があるのでTPがキツかった。

でもケチって薬を使わず通常攻撃で頑張りましたw

う〜んだらしないなぁ。強い敵来てくれよ〜と思った矢先…!!

!?

連戦…だと…!?

過去作と同じ展開だと思わせておいて裏切ってくる、さすが世界樹!そこにシビれる憧れるゥ!

第二迷宮ボス「ケルヌンノス」攻略法

定期的に後列にヒーラーボールを召喚してくるので、その度に掃除しないと回復されたり弱体を消されたりするので厄介です。

ここでもセスタスをガンナーに変えていたのが活きました。遠隔攻撃がないとしんどいです。

そしてこいつに関しても腕封じが超超重要。

腕を封じていないと全体に麻痺効果のある攻撃などを連発してきてすぐにパーティが崩壊しかねません。

基本的に腕を封じていれば完封できますが、相手の体力が高いため封じていないときも上手く立ち回る必要があります。

そしてこのカウンター攻撃が超強烈。(ポーズで吹くけど)

これも腕を封じていれば無効化できます。他の対策方法は後で説明しますね。

そしてカウンター時に突撃して絶望しながらまさかのプリンセスの殴りで勝利。

無事全滅せずに勝利をつかめたわけですが、ここで目がいったのが左上のTURN20。

ちょっと臭い過ぎやしないか…ということで、勝ったのにもかかわらず再戦しましたw

そして全員生存で勝利。

結論からいうと、ケルヌンノスは5の倍数のターン時にカウンターの構えを取るという法則があります。

この時に全員で突っ込んでしまうと運が悪ければ即全滅するため、腕を封じていない場合は全員バフ・デバフや防御を徹底。腕を封じている場合は全員で猛攻をしかけましょう。

私が初見で勝てたのは本当に運が良かっただけですね…w よく4回もカウンターさせといて無事だったもんだ。

腕封じに関しては頑張れば2回封じることはできましたので、この2回の封じの猶予でどれだけ体力を削れるかにかかっています。

私の最大ダメージはヒーローのミラクルエッジでした。

封じ以外にも盲目のような有利に立ち回れる状態異常がある場合は、封じとタイミングをずらしてできるだけ有利状況を長く維持したいところですね。

クリア後にミッション報告で百中ゴーグルがもらえます。

ガンナーに最高としか思えないアクセサリなので、しばらくはこのパーティのままで行こうかな!

では第三迷宮に続きます〜!

こんにちは!シュガーです。 攻略日記もパート3に突入です。今回は第三迷宮「原始ノ大密林」攻略まで。 過去作に比べるとだいぶテンポよく進む...