PS4:DETROIT(デトロイト)が物凄く面白い…【プレイ1日目日記&レビュー】

シェアする

PS4デトロイト

こんにちは!シュガーです。

PS4のDETROIT(デトロイト)、買ってきました。

これはあの超名作「Heavy Rain」で有名なquantic dreamの最新作。

ミステリ好き、近未来設定好きの私には堪らないだろうということで迷う余地はなかった。

今回は数時間プレイしたプレイ日記と、1日目のレビューです。

舞台は2038年。アンドロイドが人間の生活の一部になっている世界

まず舞台設定が見事です。

2038年、機械人間であるアンドロイドが人々の生活の中にいる世界。

人間はアンドロイドを購入して生活を豊かにしているのかと思いきや、アンドロイドによって人間は仕事を奪われ、失業者が大量発生しているようです。

まさに現実の今、AI時代の到来によって人間は仕事を奪われると言われ始めていますよね。

今プレイするにはまさに最高の設定ですね…。

メインの登場人物は3人

1人目は捜査官アンドロイド「コナー」

一人目は捜査官のアンドロイド。

アンドロイドと人間が引き起こす殺人事件の捜査にあたります。

コナーはアンドロイドなので、手がかりから現場で何があったかまで再現することが可能。

そしてプレイヤーである自分自身が頭の中で事件を組み立てて行きます。凄い没入感。

はぁ…最高の雰囲気。

映画「セブン」が大好物の私はもうドツボど真ん中120%。

なんて素晴らしいゲームなんだ…。幸せすら感じる。

2人目は女性型家事アンドロイド「カーラ」

二人目は女性型のアンドロイド。父子家庭の家に家事をするために買われています。

しかしこの父親はアンドロイドによって仕事を無くし失業者になってしまっています。

そのストレスから彼はヤク中に…。娘は暴力を振るわれています。

娘が2階に逃げていく様を見て動こうとすると、

「絶対に動くな、そこを一歩動いたら前みたいにぶっ壊してやるぞ」

と言われてプレイヤーの私を圧倒的緊張感が襲う。

行動によってストーリーの展開が変わってきますし、死亡することもあると最初に告げられているので本当に安易に行動できない。怖い。

汗が滴る中、我慢できずに勇気を出して娘を助けに行くことにしました。引き続き緊張感が凄い。

当然父親に襲われ、必死の形相でQTEを大量にこなす。

なんとかギリギリで二人逃げ出すことができた…。

これからどうなっていくのか…!いやもう本当に没入感凄いです。何度でも言おう。

無事に逃げ出した私のフローチャートがこれなんですが、見ての通り分岐多すぎる。

でもあそこで動いてよかったなって思ってます。

3人目は画家の元で働くアンドロイド「マーカス」

3人目は、老人の画家カールの元でお世話をしているアンドロイド。

お前も絵を描いてみろ、と言われて私が描いたのはアンドロイドのアイデンティティ…だったかな。凄い絵だなこれ…。

息子がいつも金を無心しにやってきます。

息子はコンプレックスの塊で、なぜ息子で人間の自分よりアンドロイドのマーカスのほうがいいのかと連呼し、マーカスに暴力を振るいます。

いろんな問題を考えさせられますね。

その光景を見て、心臓発作でカールが逝ってしまった…。

そして呼び出した警察に、アンドロイドが父を殺したと嘘をつかれてしまう…。

夜に電気を消してプレイしたいゲーム

先が気になりすぎますが、初日はここで終了。

このゲーム、あまり朝や昼にはやりたくないなと。笑

とにかくムードがよすぎて、夜に電気を消して映画を観るような気分でプレイしたいゲームです。本当に没入感が(以下略

値段も以外と高価じゃないゲームなので、これは是非プレイしてみることをおすすめしますよ!