絶版の本を手に入れる方法!【私の体験談】

シェアする

こんにちは!シュガーです。

皆様は、絶版の本を欲しくなってしまったこと、ありませんか?

私はまさに今がそうで、絶版の本を探し求めている最中です。しかも新品じゃないと気が済まないという。

実際に私は、無事に新品で3冊ほど入手することができたので、その時の方法を私の体験談として共有しておきたいと思います!

皆様が求めている本も、無事に見つかりますように…!

絶版の本を新品で入手する方法

まずは出版社に電話してみる

今ではネットが発達していて絶版であっても早い段階であればAmazonなどに新品が転がっていることも大いに有り得ます。

しかしAmazonにない場合は、いきなりハードルが高いですが出版社に電話で連絡してみましょう。

「在庫の確認をお願いできますか?」と言い、タイトルを言えば教えてもらえます。

私のケースですと、「すでに版権が切れてしまって取扱がなくなってしまいました」と言われました。絶版の中でも1番希望がないパターンですね…。

この他の場合ですと、「品切れで重版未定です。」と言われるケースが1番多いんじゃないかなと思います。重版未定でも書店からの返本があり次第発送してくれる「保留注文」ができる場合があるので、新しめの本ならこれで狙うのもいいかなと思います。

返本待ちもできそうにない場合は、現在流通しているものの中に新品を探すことになります。

ネットで各書店の在庫を確認する

出版社から新品が手にはいらない場合、次は書店に残っている新品を探し求めることになります。

幸い2017年現在、物凄く書店も発達しているので、メジャーな書店ならインターネット上で全国の在庫を調べることができます。

ジュンク堂、丸善、文教堂の在庫を調べることができるhonto

紀伊國屋書店の在庫確認サービス
このあたりが最メジャーなので、根気よく調べましょう。

ネット在庫があればそのページから取り寄せもできるので、これで解決です。これが1番理想的ですね。

ちなみにこれで私は岡山から東京まで本を取り寄せ、入手することができました。

遠くの書店から直接発送してもらう

私の場合、上記の在庫確認で無事在庫を見つけることができたのですが、不幸にもインターネット上からの取り寄せには対応していないというパターンに遭遇しました。(書店に在庫があるのにネット取り寄せができないのはどういう条件なんだろう…?)

途方に暮れた私は、直接在庫があると表示された書店に電話をかけてみました。

ちなみに、在庫が見つかったのは北海道の紀伊国屋書店。これが全国で唯一の在庫でした。なんでこうにも遠いところにあるのかww

ですが結論からいうと、無事に東京の自宅まで送ってもらうことができました!送料が強烈にかかるかと思いきや、代引手数料と合計して595円と意外となんとかなるレベルで安心。

新品で手に入れるには、この「書店から直接取り寄せる」が最終手段になるかと思います。

スポンサーリンク

絶版の本を中古で手に入れる方法

発信力があるなら募集する

全国の書店の在庫検索で見つからない場合は、もはや新品はインターネットで在庫検索のできない書店を探すことになってしまいほぼ希望はない状況です。

自身にSNSなどでの発信力があるなら、直接募集するのも手。

これなら自分で条件も提示できるので、新品同様の品が見つかる可能性も…!?

メルカリ、ヤフーオークションで探す

上記のように発信力のある特異な人を除いて、新品を手に入れることが不可能な場合は、次はメルカリヤフーオークションで探すのがおすすめです。

今おすすめなのは、圧倒的にユーザーが多くて使いやすいメルカリのほうですね。私が探したときも、目的の出品はほとんどメルカリにしかありませんでした。

オークションなら稀に新品同様の出品もありますし、処分であれば値段が安い可能性も十分にあります。

古本屋で買うくらいならオークションで買うほうが私は絶対おすすめですね。

ブックオフや神保町で探す

ここまでで解決しない場合、もう古本屋で探すしか方法はありません。

身近なところではブックオフ。東京都内なら神保町が古本屋だらけで希望があります。

ただ、これで探すのはなかなか途方に暮れますし、状態が良くない場合も多いです…。ここまでくるともう運ですね。

ちなみに神保町は一応在庫確認システムがあるので、こちらを活用するのも良いかも。

ただ私はこのシステムでは見つかりませんでしたね~。

皆様が探している絶版本が、状態の良い新品で見つかることを祈っております!