MHW(モンハンワールド)|攻略中に詰まりそうな箇所の攻略法まとめ

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!シュガーです。

今回はメインストーリー攻略中に詰まりそうな箇所の攻略法をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

各フィールドのキャンプ設営地の場所

古代樹の森のキャンプ設営地の場所

エリア8右上の小部屋のようなところに北西キャンプ(8)が。

最上層のエリア17に古代樹キャンプ(17)がある。

大蟻塚の荒地のキャンプ設営地の場所

エリア6南の小部屋のようなところに中央キャンプ(6)が。

下層ののエリア15、3つの小部屋のようになっているところの左の部屋に大蟻塚キャンプ(15)がある。

大蟻塚の荒地のエリア15への行き方

エリア8の最北から飛び降りることでいくことができる。

陸珊瑚の台地のキャンプ設営地の場所

上層のエリア12に北東キャンプ(12)がある。中層のエリア10からいくことができる。

瘴気の谷のキャンプ設営地の場所

中層のエリア11に中層キャンプ(11)がある。

「瘴気の谷を探索する」

エリア1でラドバルキンに出会えばOK。

「古代竜人を探す」

古代樹の森のエリア15から16の間の通路に痕跡があり、追っていけばイベントが進行する。

「リオレイア???の痕跡を探す」

探索に行き、痕跡を見つけて帰るのを繰り返せばすぐ終わります。

私は瘴気の谷に探索に行き、飛び降りてすぐに2箇所で痕跡採取→帰還を繰り返して終わらせました。

「ネルギガンテの痕跡を探す」

まず最初にクエストを受注した時は、龍結晶の地でチェックマークが付くまで痕跡を集める必要があります。この時点では探索に入り直しても痕跡が復活しないので、根気強く集める必要アリ。

一度帰るのを提案された後は入り直してもう一度探索すればOKです。

「古龍の痕跡を探す」

古代樹の森は、エリア4,5,6,16で多く見つかる印象がありました。

大蟻塚の荒地では、エリア6,7,13で。

瘴気の谷では、エリア9,10,12で。

いずれも多少のランダム性があるので参考までに。しかしどれもマップの奥地っぽいところで見つかる傾向にあるような気がしました。

祝:モンスターハンターワールド発売!

こんにちは!シュガーです。

今回はモンハンワールドの序盤攻略に便利そうな装備シリーズを、いくつかピックアップしていきたいと思います!

こんにちは!シュガーです。

今回は最強の煙筒「達人の煙筒」の入手方法と依頼クエスト出現条件についてです。

こんにちは!シュガーです。

今回は強力な特殊装具「不動の装衣」の入手方法についてです。

効果が超強力で、最強の特殊装具だと思われ…

↓2018年版に更新!↓

こんにちは!シュガーです。

仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。

長期投…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする