MHW(モンハンワールド)|歴戦古龍の調査クエストを効率よく集める方法

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!シュガーです。

今回はモンスターハンターワールドのエンドコンテンツである「歴戦個体の古龍の調査クエスト」を集めるための方法を3つ紹介します。

装飾品を効率よく集めるには

歴戦古龍クエストでは、装飾品の「古びた珠」「風化した珠」やマカ錬金に必要な「大龍脈石」、各種武器のカスタム強化パーツを手に入れることができます。

理想的なのは調査クエストの紫枠が5枠ある調査クエストを繰り返しやり続けること。

そのためには、歴戦古龍の調査クエストを集める必要があります。

スポンサーリンク

歴戦古龍の調査クエストを集める方法

準備

ハンターヘルムαを作成

まずは、ハンターαヘルムを作成しておきましょう。

ハンターαヘルムでは「研究員」というスキルが発動し、調査ポイントを増やす効果があります。

これが調査クエストの発生率に影響があるかどうかはまだ未確定ですが、作っておいて損はないと思います。

調査クエストの数を整理しておく

250個埋まっていたらおそらく新しいクエストが発生しないので、忘れずに整理しておきましょう。

①歴戦キリンのクエストで痕跡を採取し続ける

誰にでもおすすめできる安定の方法。

キリンはこちらから攻撃しない限り移動し続けるので、後ろから追いかけて痕跡を拾い続けることで大量の調査ポイントを稼げます。

特に歴戦キリンはHR49で任務クエストとして出現するため、まずはクリアせずに50分間ストーキングするのも大いにアリ。

運にも左右されますが、50分ならだいたい10個前後くらいは調査クエストが手に入ります。

②歴戦ネルギガンテクエストで放置して痕跡を大量に採取する

歴戦ネルギガンテのクエストがある場合は、クエスト開始してからしばらく放置しておくだけで、ネルギガンテの初期エリアであるエリア14に大量に痕跡が溜まっているのでそれを採取するだけでOK。

棘の痕跡が同じ座標に複数溜まることがないので、10分毎くらいで採取しにいくのがおすすめ。

というのも、ネルギガンテは他の古龍と違い初期エリアから他エリアに移動しないので、エリア内でウロウロして勝手に痕跡をたくさん残していますw

ゲームをプレイしていなくても集められるので、スキマ時間にできるのが嬉しい。

③歴戦古龍に石ころをぶつけて振り向き時の足跡を回収する

テオやキリンに戦闘に入らないよう遠くからスリンガーで石ころをぶつけ、近づいてくる→振り向きの時に残す足跡を採取する方法。歴戦キリンのように草むらがある場合は草むらの中に隠れて石ころを撃ってもOK。

コツコツやらなければならないので若干面倒ではありますが、ハイペースで足跡を採取することができます。

※バージョンアップで修正されて足跡が全然出なくなったような気がします。

④探索で歴戦個体の古龍の痕跡を順番に巡っていく

各フィールドには、固定で歴戦古龍の痕跡がある場所と、確率であったりなかったりする場所があります。

私が巡っているルートは以下。

①竜結晶の地

一番痕跡が多い竜結晶の地からスタート。

キャンプは8番からスタート。

まずはクシャが休眠する一番上に登って、歴戦クシャの痕跡を採取。

ここは確定です。

中央のエリア9で歴戦ネルギガンテの痕跡を採取。

ここは確率が低めなように感じます。

エリア11と12の境目で歴戦テオの痕跡を採取。

ここは体感ではそれなりの確率です。

②大蟻塚の荒地

大蟻塚の荒地のキャンプ6にワープ。

キャンプから出たら近くに大体歴戦ボルボロスの痕跡がある(キャンプを出て右に足跡2つ、左の道からエリア8までの間に泥2つ)ので、採取しながらエリア8に向かいます。

エリア8の左上に歴戦テオの痕跡。

ここも高確率で見つかります。

③瘴気の谷

瘴気の谷のキャンプ11にワープし、エリア16で歴戦ヴァルハザクの痕跡を採取。

番外:古代樹の森

古代樹の森のレウスの巣のあたりにも歴戦クシャの痕跡が確定でありますが、歴戦クシャの痕跡は竜結晶の地でも確定で採取できるので、無理に行く必要はないかなと思います。

これで探索マラソンは終了です。また①からスタートしてもいいですし、一旦探索から帰還してもよし。ただヴァルハザクの痕跡を取らないでもヴァルハザクのクエストは普通に出るので、痕跡の多い①と②をループするだけでいいかもしれません。

③ある程度集まったら後は狩る

調査レポートは部位破壊などでも発生するので、歴戦古龍のクエストがある程度集まったら後は狩りまくればOKです。

↓2018年版に更新! 4月現在アルトバブル到来中!↓

こんにちは!シュガーです。
仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。
長期投資では誰…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする