【2016年版】WordPressおすすめプラグイン9選!【初めに絶対これを入れる!】

シェアする

アイキャッチ

こんにちは!

WordPressでのブログ運営歴2年の私が、最初にインストールしておきたい&しておけばよかったと思っているプラグインを集めてみました。

自身の経験に基づいたチョイスなので、おすすめする物が人と違うことも多いと思いますが、参考になればと思います!

Yoast SEO

SEOプラグインではAll in SEOが最も有名かと思いますが、個人的におすすめなのはこちらのYoast SEO。

All in SEOから基本的な機能は失わず、加えて記事毎にターゲットのキーワードを設定でき、この記事のSEO効果がどれほどであるかを判定してくれたりする便利さを兼ね備えています。(ただしこの判定通りにやるのが正解かどうかは怪しいですが…w)

一時期、All in SEOのtitleタグが反映されないという事件があったのですが、こちらのYoastに変えたら一発で反映されました。All in SEOで何か困っている方にもオススメしたいです。

TinyMCE Advanced

WordPressのビジュアルエディタを圧倒的に便利にするツール。

これがないと記事が書けないといっても過言ではないので、とりあえずインストールしておくのがおすすめ。

デフォじゃ文字色すらろくに変えられないですからね…w

WordPress Popular Posts

絶対に入れておくべきプラグイン。

このプラグインを用いることで、自分のサイトでどの記事がよく読まれているかがわかり、それをウィジェットで「人気記事ランキング」のように設置することができる。

それだけでも便利なのだが、見逃せないのは「内部リンク」の観点で物凄く優秀だということ。

全てのページから人気記事に向けてリンクが貼られることになるので、検索エンジンにも「このサイトで重要な記事はこれです」と発信することができ、気合を入れた記事のSEO対策に繋がります。

スポンサーリンク

Jetpack by WordPress.com

重いですが、なんだかんだで便利だと感じさせられるプラグイン。

これ一つがあるだけで、色々な機能を使うことができます。

注目はアクセス解析として優秀なサイト統計情報。どうやって自分のサイトにたどり着いたか、記事からどのリンクを飛んでいったか等がひと目でわかり、感覚的に使いやすいアクセス解析になっています。

また、画像をキャッシュし読み込みを高速化するPhotonの機能もおすすめ。サーバーの負担を軽減できます。

WP-PostViews

メジャーなプラグインばかりなのにいきなりマイナーなのぶっこんできたな!!?

と思う方もいるかもしれません。インストールしてない方も結構いるんじゃないかと思います。

でもコレ、かなりおすすめです。

単純に、記事ごとのページビューを管理画面からひと目で見ることができ、多い順・少ない順にソートできるプラグインなのです。

16381

↑こんな感じです。※日付は切り取ってあります。

これを最初からインストールしておくことで、どの記事がよく読まれているか、どの記事が読まれていないかを判断でき、過去記事のリライト・整理の際に凄く役に立ちます。

ブログ運営では過去記事のリライト・評価の低い記事の整理は必須になってきます。その時このプラグインを入れていたかいないかで、整理のしやすさが段違いに変わるということです。

私はブログを始めてから1年以上これを導入しておらず、今凄く後悔しているので紹介せずにはいられませんでした。

Table of Contents Plus

記事に目次を自動挿入することができるようになるプラグイン。

インストールしたままでは全ての見出しに目次がついてしまうので、設定→上級者向けでH4移行くらいのチェックを外しておいたほうがいいかもしれません。

検索で目次の見出しがヒットするので凄くいいんですが、あまりに小さい見出しにも設定されていると目次のボリュームが増えすぎてしまいますので…。

Quick Adsense

Adsense等の広告を挿入するのに使える便利なプラグイン。

このブログでも採用させてもらったSimplicityをはじめ、便利な有名テーマにはアドセンス挿入の機能が付いていると思いますが、痒いところに手が届かないことも多いと思います。

それをこのプラグインを入れておくことで解決できるということですね。

広告タグだけでなく、セールスコメントもQuick Adsenseに入れておけば、おすすめしたい広告が変わった時にも素早く対応できます。

EWWW Image Optimizer

画像圧縮プラグイン。

説明不要で、アップロードした画像を軽量化することができるので、読み込み速度の上昇に繋がります。

ただ、サーバーに結構負担をかけるプラグインでもあるようで、私は一時期無効にしていました。

アクセス過多などで負担が掛かっていない場合は特に問題ないと思うので、これもとりあえずインストールしておきたいプラグインの1つだと思います。

WP-Copyright-Protection

記事上で右クリック、ドラッグができなくなるようにするプラグイン。

その名の通り、コピペ防止のためのプラグインです。

Simplicityでこのプラグインを使っているとカスタマイズ画面が保存して公開の連打になってしまってカスタマイズできなくなるという症状がありました。この症状に苦しんでいる方はこのプラグインが原因かもしれません。

以上、最初にいれておきたい便利なプラグインを紹介しました。

プラグインで作業を効率化し、楽しいWordPressライフを送りましょう〜!

スポンサーリンク
最近のお得ニュース: huluではポケモンサン・ムーンのアニメも配信開始!2週間無料キャンペーンやってますよ~!

シェアする

フォローする