ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:レビュー|感動。ゲームの最高傑作に立ち会えたことに感謝を!

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは。

前回のプレイ日記で、ついに厄災ガノンを討ち滅ぼしました。

メインストーリー攻略記念に、今回はネタバレありの感想を残しておきたいと思います。

本当に凄まじいゲームでした。もうただただ凄い。

ゼルダシリーズ最高傑作の誕生

まず、今作のブレスオブザワイルドは、私にとってゼルダシリーズの最高傑作になりました。

いや、それだけの留まらず、ゲーム史上最高傑作といっても過言ではないかもしれません。それくらいのパワーを持った作品でした。

周りの口コミや、Amazonのレビューを見ても、私と同じような感想を持っている人はとても多い印象です。

スポンサーリンク

ストーリー

素晴らしかった。間違いなく今までで一番のスケールかつドラマティックな物語。

リンクはオープニングで回生の祠で目覚め、何が何やらわからない状態で世界に放り出されます。

ハイラル城や時の神殿といった馴染みのある場所は全て滅びており、始まりの台地では人が生きているのかもわからないような世界。

ですが、物語を進めていくと、ここは100年前に厄災ガノンに滅ぼされた世界であることがわかります。リンクは100年前にガノンとの戦いで瀕死の傷を負ってしまい、回生の祠で蘇生させられていたことですべての記憶を失っていました。そしてゼルダは今でもずっと、厄災ガノンを抑え続けているということがわかります。

このゲームにはガノンを討伐することの他に、各地を回ってリンクの記憶を取り戻すというメインチャレンジがあります。

全ての記憶を辿ると、100年前に何があったのか、全てを知ることができるような構造になっています。

100年前の話

100年前の話を簡潔にまとめてみます。

状況

厄災ガノンが復活するかもしれず、その対策を国全体で行っている状態。

ゼルダがガノンを封印の力を身につけ、神獣やガーディアンを味方につけて応戦するという戦略。

登場人物

  • ゼルダ(封印の力に目覚められず、才能がないことに日々苦悩している)
  • リンク(才能に溢れ、退魔の剣マスターソードに選ばれた存在)
  • 4人の英傑(各種族から集められた優秀な人材。ゼルダシリーズ恒例の「賢者」のような存在で、神獣を操りガノンに攻撃する)

話の流れ

  • リンクがゼルダの騎士に任命されるが、才能がなく苦悩するゼルダにとって、才能溢れるリンクはコンプレックスの象徴のような存在でいまいち苦手。
  • 4人の英傑とリンクに励まされながら各地の泉で修行しているゼルダだが、封印の力に目覚めることができない。
  • ゼルダは神獣やガーディアン、シーカーストーンなどの遺物の研究も行い、神獣とガーディアンを味方につけることに成功。
  • ハイラル王から、遺物の研究はやめて全ての時間を泉で修行するよう言われるゼルダ。封印の力を得られないゼルダは国内で「役立たず」と裏でささやかれていた。
  • 苦悩を吐き出したり各地を共にする中で、ゼルダとリンクの距離は少しずつ縮まっていく。
  • 最後の希望であった知恵の泉での修行も失敗に終わってしまったその帰り道、ついに厄災ガノンが復活する。
  • 厄災ガノンは神獣とガーディアンを乗っ取り、逆に攻撃をしかけてきた。神獣の中にいた4人の英傑は、ここで命を落とすことになる。
  • 仲間を失い、父である王や民を全て失ってしまったのは自分のせいだと嘆くゼルダ。
  • しかし戦いの中でリンクもついにやられてしまう。しかし最後の瞬間にゼルダが封印の力に目覚め敵を撃退、マスターソードの声が聞こえ、リンクを回生の祠で蘇生させる。
  • マスターソードを森の奥に封印し、リンクが蘇生の結果記憶を無くすようなことがあっても、必ず戻ってくると信じてガノンの力を抑えにハイラル城へ向かう。

と、こんな感じになっています。

そして100年後がゲーム本編。やはり予想通り、リンクは100年前の全ての記憶を失っていました。

この作りが本当に上手で、各地で記憶を取り戻していくリンクとプレイヤーが完全にシンクロするようになっています。

そして本編へ

本編でのメインストーリーは、4体の乗っ取られた神獣をガノンの手から取り戻し、ガノンを倒すことが目的です。

その4体の神獣が今回のメインダンジョンになっているのですが、そこでリンクは、100年前に命を落とした4人の英傑と、最後に一度の会話ではありますが、再会できるのです。

この4人の英傑が授けてくれる力は本当にどれも強力で、ドラマティックなストーリーとゲーム性をしっかり絡めた素晴らしい出来だと感じました。

ラスボスであるガノンを倒した後のゼルダとの再会も、素晴らしかったですね。

私を…覚えていますか?

は本当に名脚本だと思いました。とにかく今回の作品は、リンクとプレイヤーの目線を合わせるということが徹底されています。

だから感動するんですよね。

オープンエアーという広大な世界

今回のゼルダはとにかく世界のスケールがとても大きいですが、これもまた満点といっていい出来。

パラセール(パラシュートのようなイメージです)と、岸壁をよじ登れるという移動方法の組み合わせが絶妙な自由度を生み出していて、高台からパラセールで飛ぶことで目的地に楽にたどり着けたり、特には岩壁を登って無理矢理目的地までたどり着いたりと、どこにいくにも決まったルートが存在していません。それがこの世界をあくまでゲーム的なものでなく、リアルに感じられる存在にしています。

木だってもちろん切り倒せますし、生息している生き物や果実などはちゃんと手に入れることができます。リンゴを火に近づけたら焼きリンゴになりますし、凍える地域でケモノを倒して肉をしばらく拾わずにいると凍結ケモノ肉になったりと、細かい演出も素晴らしい。

また始まりの台地とは違い、外の世界には各地に村が存在していて、ムジュラのような生活感もしっかり味わうことができます。

戦闘バランスはシビアに

今回の戦闘は過去作と比べるとかなり難易度が高いです。

というのも、もはやハートの1つや2つ増えたところで耐久に特に差がないんですよねw

雑魚敵にハート5.6個を持って行かれるのはザラ。雑魚敵が全員アイアンナックだと思ったほうがいいです。

しかしそのおかげで今までのゼルダにはあまりなかった戦闘面での緊張感が大幅に上昇。

特にボス戦では下手に手を出すと自分がやられてしまうため、まずはずっと様子見することが必要になります。

また、ジャストタイミングで回避してラッシュをかけるというシステムも素晴らしい。どこかのブシドースタイルと違ってジャストの猶予も絶妙で、ギリギリまで引き付けないと成功しません。

謎解きも密度が上昇

各地にある試練の祠では気軽に謎解きが楽しめ、まずその手軽さが素晴らしい。

今までのゼルダはとにかく一つのダンジョンに入ってしまうとしばらくそこでさまようことになり、一つのダンジョンをクリアしたら結構疲れてしまうのが問題でした。

しかし今回は試練の祠の軽いボリュームにより、その疲れはほとんどありません。また、その報酬が実質ハートのかけらのような存在なのも大きく、プレイヤーのモチベーションをしっかり上げてくれます。

メインのダンジョンである神獣は、マップを一気に狭くしたのが大成功。狭いことで道に迷うことがなくなり、それでいて構造を操作(角度を傾けたり、ひっくり返したり)できるため謎解きのスケールはとても大きく、難易度も高いです。

今までのゼルダのダンジョンは分厚い問題集を投げつけられるような感覚でしたが、今回のは5ページくらいの薄い冊子を何度も最初から見直すことで深く理解していくような感覚。ストレスは全くありませんでした。

クリアまで面倒な場面が全く無かった

私はブレスオブザワイルドをプレイするまで、ゼルダは64までが最高だったという価値観の持ち主でした。

というのも、最近の作品ではとにかく「やらされてる感」が強い場面が増え、プレイが面倒くさくなるシーンが増えてきたからです。

具体的にいうとトワイライトプリンセスの珠集めやスカイウォードソードのサイレンのような、行動を制限された状態での強制探索のようなもの。

今回はそのように何かをやらされる場面で面倒という質のものは、まっっったく存在しません。やらなくてはならないことはどれも軽いボリュームで、サクっと進めるものばかり。

苦労したり面倒くさかったりという質のものは、全てプレイヤーが能動的にやりたくなるものばかりです。

ここを徹底してくれたのが本当に素晴らしい。神々のトライフォースや時のオカリナのように、自分のペースでガンガン進めていくというプレイができるゲームに回帰してくれました。

情報が出揃う前にプレイしてほしい

私の周りにも購入を迷っている方が多い(特にスイッチ本体と一緒に買う価値があるか、など)のですが、私はこのゲームほど、情報が出揃う前にプレイしてほしいと思ったゲームは今までに無かったです。

というのも、このブレスオブザワイルドは本当にプレイヤー一人ひとりで進め方が異なり、また手に入れたアイテムも異なり、見つけた祠の数、コログのミ…何から何までプレイヤーによって違うんだと確信しているからです。

つまり、このゲームは情報サイトを見ながら機械的にプレイするゲームではなく、手探りで、自分で冒険していくゲームなのです。

周りのプレイヤーと、「ここでコレを見つけた」「その場所に行ってみたい」というような情報交換をするのが、本当に楽しいゲームでもあると思います。

だから、私は迷いながらもWiiU版で発売日にこのゲームを購入してよかったなと心の底から感じています。

迷っている方は、出来る限り早めにプレイすることを本当におすすめします。

ゲームの歴史に名を残す凄いゲームをプレイできたことに感謝。ありがとう。

最近Amazonのレビューを読むのが日課になっています。皆さんのプレイ体験が、どれも感情のこもったもので素晴らしい…。星5も狙えそうな勢いです。

↓2018年版に更新! 4月現在アルトバブル到来中!↓

こんにちは!シュガーです。
仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。
長期投資では誰…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする