MHW(モンハンワールド)|各武器種の変更点、注目ポイントのまとめ!

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして”聴ける”!10/24~12/12まで、なんと無料期間で好きな本を聴くだけでAmazonポイントが最大3000円分もらえるという意味不明なほどお得なキャンペーン中!私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

・【11/14まで】AmazonのMusicUnlimitedで音楽を聴くと抽選で1000人にEchoシリーズが当たるキャンペーン中!

こんにちは!シュガーです。

モンハンワールド、ついに1/26発売ですね!

今作はβテストを3回も配信していたので、既にやりこんでしまった人も多いのではないでしょうか…w(流石に看板モンスターも出してしまうのはやりすぎだと思うよ)

今回はそれぞれの武器種の新要素と注目ポイントを主観でまとめてみました!参考になるかわかりませんがお楽しみいただければ幸いです。随時更新予定です。

Contents

モンハンワールドの大剣の変更点&注目ポイント

スーパーアーマーを持つタックルが追加された

溜め中や回避後に出すことができる「タックル」の追加で、シンプルだった大剣の立ち回りが大幅に変化。

ただ溜め中にタックルで敵の攻撃をSAで耐えるという使い方だけではなく、タックルを使うことで次の段階の溜め切りに派生することができるので、タックルを用いれば普通の溜めよりもはやく真溜めを繰り出せるなど器用な使い方ができる。(溜め→タックル→強溜め即タックル→真溜め→回避→タックル以下略のような動きができる

タックルはめちゃくちゃ強いと思うんですが、これのおかげで普段の初心者に優しい大剣のイメージがついに無くなったと私は思います。

大剣といえば「抜刀術【技】」が必須級のスキルでしたが、今回は自由度が高まるかもしれませんね~。

以前のように横殴りを挟まずに溜め連携が可能

むしろなんで今まで毎回ペチっと叩くのを挟む必要があったのか。笑

今回は溜め斬り→強溜め斬り→真溜め斬りの派生になっています。真溜めは2回斬るモーションなので、的確にヒットさせるのが難しくなってますね。

モンハンワールドの太刀の変更点&注目ポイント

太刀は変更点が多いので、気になるものをピックアップしてみます。

見切り斬りが追加

長い無敵時間があるバックステップから、踏み込んで斬る。

バックステップの出だしの無敵に敵の攻撃を合わせることで特殊なエフェクトが発生し、その後の踏み込み斬りがヒットすると練気ゲージが全回復。さらに大回転斬りに派生ができる。

これのおかげで太刀はモンスターの咆哮にかなり強くなったといえそうです。

しかし発動時に練気ゲージを全部使い切る上に、見切りに成功した後の斬り払いをスカってしまうと練気ゲージが回復しないため、敵の行動を理解していないと使いづらそうですね。

気刃突き、気刃兜割が追加

白以上の状態で気刃突きをヒットさせると高火力の気刃兜割に派生する。

気刃兜割はかなり高火力な上に、ヒットさせると練気ゲージがしばらく自動回復状態になる。

しかし、ヒットさせてもスカっても練気の色が一段階ダウンする。

気刃兜割は気刃突きから派生して発動することを考慮すると攻撃までに結構な時間がかかるので、相手の行動をしっかり予測してから突きを出さないと簡単にスカってしまいます。これまたプレイヤーの練度が要求される、太刀らしい攻撃モーションですね。

横回避後の硬直がなくなった

今まで太刀が使いにくかった要素の1つである、横回避の後隙が他の武器と変わらず使いやすくなりました。優しい。

練気ゲージMAXでの点滅(切れ味補正+&一定時間最大維持)がなくなった

弱体といえば弱体ですが、ゲージ最大を気にする必要がなくなった点は個人的には嬉しかったり。気刃斬りも使いやすくなりますしね。

モンハンワールドの片手剣の変更点&注目ポイント

旋回斬りと突きの追加で定点永久コンボが可能に

連携中に自由に発動できる旋回斬りのおかげで、以前と違いその場でずっと連携することが可能に。

しかし旋回斬りは攻撃の角度を変えることを要求されるので、定点攻撃という点では若干微妙なところも。

個人的に片手は正確に敵の部位を攻撃しやすいところが最高の強みだと思っていたので、これはあんまり好きになれなかったり…。

ぶっちゃけ地味すぎる

過去作では片手剣メインに使っていた私ですが、今作の片手は地味すぎて初めてメインで使う気がありません。製品版でせめて刃薬くらいは来ないと厳しいかも。

モンハン部での使用率ランキングでも12位とかだった気が…前代未聞ですね。

モンハンワールドの双剣の変更点&注目ポイント

鬼人化状態のモーション一新

逆手持ちがカッコイイ。

手数が超多いが1モーション辺りの全体Fが長いという双剣の弱点がなくなり、かなり細かく攻撃できるようになりました。移動切りもできるので器用さはかなりのもの。

鬼人強化状態、いらなくね…?

今作は鬼人化と鬼人強化の格差が広がってます。

まず鬼人化状態のスタミナ減少速度が過去作と比べるとだいぶ緩和されていてスタミナ管理がしやすく、ダッシュ並の移動速度、使いやすい攻撃モーションと過去作に比べて鬼人化状態がかなり使いやすいですね。

逆に鬼人強化状態はなぜか鬼人回避ができなくなり(普通のコロリン回避になった)、攻撃使用時のゲージ使用量が増しているためすぐに鬼人ゲージが切れます。

モンハンワールドのハンマーの変更点&注目ポイント

力溜めが追加

溜め中に○を押すことで力溜めをし、攻撃力と気絶値を上昇させることが可能になった。

一回溜めてしまえば納刀やのけぞらない限り強化が続くので、上手い人ほど大きな恩恵を得られますね。

餅つき叩きつけが追加

チャンス時のラッシュに使える叩きつけが追加。

これのおかげで今回は定点火力にも期待できそう。

モンハンワールドの狩猟笛の変更点&注目ポイント

演奏する前の旋律効果を3つまでストック可能に

今までは最後に揃えた旋律効果しか演奏で発動できなかったのが、今回は3つの効果までストックして発動できるようになった。

これによって効果維持は圧倒的にやりやすくなりました。

モンハンワールドのランスの変更点&注目ポイント

パワーガードで全方向ガードが可能に

カウンター突き前かガードのリアクション中に派生できるパワーガードは、スタミナを高速で消費するが全方向ガードが可能でガード成功時のスタミナがない。さらに体力が削られる威力の攻撃をガードした場合もカウンター突きなどに派生が可能。

パワーガードから派生したカウンター突きは最大溜め状態なので高威力。

モンハンワールドのガンランスの変更点&注目ポイント

2回連続ステップで機動力が上昇

前後左右に2連続でステップできるようになり、動きやすさがかなり上向きに。

特に前ステップ×2が軽やかで、ガンランスらしくない動きやすさw

砲撃が2連発できるように&味方がふっとばない

今回は砲撃が2発連続で出せるようになった。

そしてついに、PTメンバーをふっとばさなくなりましたw 砲撃、溜め砲撃、フルバーストではキック同様の仰け反りに。竜撃砲は吹っ飛びます。

これによってクエスト完了後の対人戦能力は大幅に低下。笑

竜杭砲が追加に火力が上昇

杭を打ち込んでゴリゴリ削った後に爆発する、竜杭砲が追加。

砲撃の弾とは別に装填数が管理されていて、通常のリロードでのみ装填される。

砲撃2発目他、フルバーストからも派生できるので火力効率&ロマンが増しましたね。

ヒートゲージが削除

やったぜ。

モンハンワールドのスラッシュアックスの変更点&注目ポイント

覚醒ゲージが追加

剣モードで攻撃を当てると溜まっていき(2連斬り、飛天連撃、属性解放フィニッシュで大きく溜まる)、最大になると高出力状態になる。

この状態で剣モードの攻撃を当てると追加ダメージが発生するようになる。

また、この高出力状態で属性解放突きを当てると、モンスターによじ登ってゼロ距離で発射する。PTメンバーから見ると「あいつ何やってんだ!?」感があってかなりシュール。笑

モンハンワールドのチャージアックスの変更点&注目ポイント

GPからのカウンター高出力、盾突き→高出力が復活

やったぜ。

アクションが軒並み4G仕様に戻ったため、アクション自体の面白さがX系から圧倒的に上昇しました。

超高出力属性解放斬りの後に属性強化状態が切れない

え…?つまり超高出力ぶっぱ安定では?w

これ結構強すぎ感あります。

高圧属性斬りで剣モードにも強化が追加された

属性強化状態でビンをチャージした後に剣:高圧属性斬りを使うことができる。

これは剣モードでの最大火力モーションで、かつこの後に剣モードの攻撃にビンの効果が付属とこれまた強すぎ感のある追加モーションw

チャアク、強くない…?

モンハンワールドの操虫棍の変更点&注目ポイント

空中回避とジャンプ突進斬り→舞踏跳躍で滞空時間が大幅増加

今回の操虫棍はとにかくやろうと思えばかなり長い時間空中にいられるようになりました。

空中回避での空中横移動とジャンプ突進斬りフィニッシュによる舞踏跳躍で再度跳躍ができる。

しかしジャンプ突進斬りは上手くヒットさせることが非常に難しく、調子に乗ってピョンピョンしてると過去作より増して「やりたいだけ」になりがちで、しっかり火力を意識しないと絶望的な低火力になりかねないので注意が必要。

モンハンワールドのライトボウガンの変更点&注目ポイント

基本的な操作方法が変更

ハードがPS4に移行したことで、操作方法がFPSのようにR2射撃に変更。

ボウガン使いは違和感MAXですが、FPS経験者はこちらのほうがやりやすかったり。

移動しながら射撃可能に

ライトはついに歩きながら普通に撃てるようになりました(弾によっては)。

起爆竜弾が追加

実質、地雷のようなタイプの特殊弾。

最大3つまで設置可能で、攻撃を当てることで爆発する。PTメンバーの攻撃でも爆発するが、のけぞらないので心配無用。

射撃後のステップから滑り込み回避が可能に

回避距離が大幅に伸び、より安全に立ち回れるように。

モンハンワールドのヘビィボウガンの変更点&注目ポイント

基本的な操作方法が変更

ライト同様、ハードがPS4に移行したことで、操作方法がFPSのようにR2射撃に変更。

まずは慣れるところからスタート…。

機関竜弾と狙撃竜弾が追加

機関竜弾はさながらマシンガン。これはライト同様移動しながらの射撃が可能。

狙撃竜弾はスナイパーのような体勢から、強力な貫通弾を放つ。

この2つは弾選択欄の上にあるゲージを消費して使用。まさかボウガンにゲージがつくとは…。

しゃがみ撃ちがない

ついにしゃがみ撃ちがないヘビィボウガンが爆誕。

今回は普通の立ち撃ちと特殊弾を使い分けて立ち回ることになります。

モンハンワールドの弓の変更点&注目ポイント

連射・貫通・拡散というタイプがなくなった

弓ごとの矢のタイプがなくなりました。

そのかわりに通常射撃が連射、剛射が拡散、竜の一矢が貫通になっているので、モーションにそれぞれの矢のポジションを割り当てた形になっているのだと思われます。

チャージステップで溜めながら回避可能に

照準中に回避するとステップしながら溜めるチャージステップが追加。

これにより短時間でガンガン溜め矢が撃てるようになっている。

個人的モンハンワールドの武器おすすめランク考察

ここからは主観ではありますが、武器種の強さを私の注目度順にランキングしてみます。

左右は武器種順で、優劣順ではありません。

A+(間違いなく強武器): チャージアックス 弓

A(他武器メインでも作る価値あり): 双剣 ライトボウガン ヘビィボウガン

B(普通に強い): 大剣 ハンマー ガンランス

C(腕次第): 太刀  ランス スラッシュアックス

D(体験版時点では地味): 片手剣 操虫棍

ランク外: 狩猟笛(ソロでは弱めで当たり前、PTプレイで真価を発揮)

現状はこんな感じで注目してます。

今のところバランスに対して大きな不満はないので(片手と操虫棍はもう少し上向きになってほしいが)、製品版でさらなるバランスの向上に期待します!