腰痛、坐骨神経痛の改善におすすめの椅子「アーユルチェアー」徹底レビュー【アーユルチェアーを実際に使ってみてのメリットとデメリットまとめ】

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!

皆様は「アーユル チェアー」を知っていますか?

身体への負担を最小限に抑えるべく開発されたこのアーユルチェアーは、普通のイスと違って日本人の骨格に合わせて設計されており、坐骨で座るという見た目も機能も画期的な椅子です。

腰痛や肩こり改善、姿勢の矯正と嬉しい効果がてんこもりで、デスクワークの人にはとても魅力的な存在なんですよ。

私は何度か東急ハンズでアーユルチェアの試座をしていて、そのたびに「!?」というようなリアクションを取っていたんですよね。

というのも、本当にビビるくらい背筋が伸びる&骨盤が立つ&そんな姿勢なのに超楽なんですよ。

今これを読んでいる方は、一度正座をしてみて下さい。

太ももの付け根から綺麗に90度、骨盤が立ち、物凄く背筋が伸びますよね?

椅子なのに簡単にこの姿勢で座れるのが、アーユルチェアなのです。

そしてこの「アーユル チェアー」、なんと公式サイトから申し込めば、自宅で2週間無料で体験できるんです!

このキャンペーンがあると知り、私は最速で2週間無料モニターに申し込みました!これから毎日体験日記をアップしていきたいと思います!

気になる方は是非公式サイトをチェックしてみて下さい。↓
アーユル チェアーの公式サイトをチェックしてみる

アーユルチェアー使用前の私の腰の現状

私は、普段椅子に座っている時間は7時間前後。

普通に座っていてもすぐに疲れて、骨盤を寝かせてしまいます(へそが天井を向く)。

また、足を組んだり、椅子の上であぐらということも多いです。

どうも骨格がおかしいのか身体が硬すぎるのか、地べたで足を伸ばして腰から90度に曲がるように座れないという…w とにかく骨盤が寝てしまうんですよ。それで腰が痛くなってしまう。

持病は、「坐骨神経痛」。なぜか、正しい(と自分は思っている)姿勢で座っているとすねの外側やかかとの側面がピリピリしびれてきてしまい、悪い姿勢のほうが楽なため悪循環になってしまっています。

アーユルチェアーからすると、私は「正しく座ると痛くなるという最悪のターゲット」だと思いますが、果たして改善できるんでしょうか…。

スポンサーリンク

アーユルチェアーを実際に家で使ってみてわかったメリットとデメリットのまとめ

結局どうだったのかを先に知りたいという方も多いと思うので、先に2週間体験してわかったメリットとデメリットをまとめておきたいと思います!

アーユルチェアーを実際家で使ってみて、店頭で試座するのとは比べ物にならないくらい色んなメリットとデメリットが見えました。

ここではそれぞれメリットとデメリットをまとめてみようと思います。

アーユルチェアーのメリット

  • 力を使うこと無く、本当に正しい姿勢が維持できる。
  • そのため、他の椅子と比べて長時間正しい姿勢で楽に座り続けることができる。(他の椅子と比べて正しい姿勢の維持が苦にならない)
  • アーユルチェアーに座った時の姿勢を身体が覚えるため、自分自身で正しい姿勢だと思っている、間違った姿勢に対しての勘違いがなくなる。また、他の椅子でも正しく座れるようになる。
  • 坐骨神経痛持ちの私が、坐骨神経痛を感じることがなくなった。腰痛も皆無。
  • パソコン作業、物書きの効率が段違いに上昇する。
  • 座った瞬間に「よし、やるぞ!」と気合が入る。
  • =仕事場、事務所、書斎、勉強部屋、学校などへの適性は最高。
  • 椅子自体が非常に小さくほとんど場所を取らない。

アーユルチェアーのデメリット

  • リクライニングできないため、自宅にあるのがこの椅子だけだと座ってくつろぐことができない。
  • 座面が硬く、長時間座ると坐骨と太ももの付け根が痛い(慣れてくるとあまり痛まなくなってくるが、別売の体圧分散シートは正直欲しいですね)。
  • 勝負椅子としての一面が強く気楽にマンガを読みたい時や映画を見たいときには不便。

私が2週間体験して感じたメリットとデメリットは以上です!

メリットは大量にあると感じたのでデメリットに関して特別に言及するならば、他に椅子がない家にこのアーユルチェアーを買うのは正直全くおすすめできません。憩いの場がなくなりますw

あとの問題点はやはり座面の硬さですが、これに関しても上と同じで、他に座って活動できる場所があればベストです。この椅子だけだと逆に作業時間が減ってしまう可能性がありますが、休憩できる椅子があればこのデメリットは解消できます!

あとは皆様が自ら座って体感してみて下さい!

公式サイトでアーユル チェアー2週間無料モニターをチェックしてみる

次のページは私の2週間体験レビューです!

↓2018年版に更新! 4月現在アルトバブル到来中!↓

こんにちは!シュガーです。
仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。
長期投資では誰…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする