本紹介:今日の一冊|『自薦 THE どんでん返し』感想

シェアする

スポンサーリンク

今日の一冊は『自薦 THE どんでん返し』。

タイトルは安っぽいですがw、参加しているのは綾辻行人、有栖川有栖、西澤保彦、貫井徳郎、法月綸太郎、東川篤哉と有名な著者揃いなのでついつい釣られてしまいました。

『自薦 THE どんでん返し』

綾辻行人『再生』

感想:★★☆☆☆

奥さんの首を切り、生えてくるのを待っている男というショッキングな場面から始まる一作。

どんでん返しという意味ではあまり満足出来ませんでしたが、綾辻さんらしいホラーな雰囲気が楽しめました。

有栖川有栖『書く機械』

感想:★★★☆☆

才能はあるのにイマイチ伸び悩むミステリー作家に向けられた編集者の企み。

こちらもミステリーというよりブラックユーモア的。読んでいる側としてもちょっぴり共感してしまうのがちょっぴり怖い…。

西澤保彦『アリバイ・ジ・アンビバレンス』

感想:★★★☆☆

短編ながらしっかりしたミステリー物。

真犯人は自首しているのにも関わらず、その真犯人のアリバイを証明できる自分。果たして本当は何があったのか。

短編故にさっぱりしていますが、綺麗な構成だと感じました。

貫井徳郎『蝶番の問題』

感想:★★★☆☆

夕刊フジで読者チャレンジ型懸賞ミステリーとして連載された作品。

手記から事件の犯人を見つけ出すという解くミステリー。

サラサラと読んでしまったので面白さを最大限活かせず…。読む前にこれが読者チャレンジ型の作品だとわかっていたらもっと考えて楽しめたと思うと後悔です。

法月綸太郎『カニバリズム小論』

感想:★★★★☆

ある男が同棲していた女を殺して食うという事件が発生し、何故食ったのか、その動機に迫るというストーリー。

他の作品が「これ、どんでん返し?」となりがちなのに比べて、これはしっかりどんでん返しがある作品。

正直気分が悪くなる読み物ではありましたが、ボリュームの少なさに対して満足感のある一作になっていました。

東川篤哉『藤枝邸の完全なる密室』

感想:★★★★☆

コメディー要素のある一作。

完全なる密室殺人を目論み実行に移した犯人の元に探偵がやってきてしまい、ハラハラしながら探偵をやり過ごそうとする主人公が面白い作品。

どんでん返しとは少し違いますが、オチが面白いですw

↓2018年版に更新! 4月現在アルトバブル到来中!↓

こんにちは!シュガーです。
仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。
長期投資では誰…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする