本紹介:今日の一冊|『自薦 THE どんでん返し』感想

シェアする

51uzgCZSD0L._SX348_BO1,204,203,200_

今日の一冊は『自薦 THE どんでん返し』。

タイトルは安っぽいですがw、参加しているのは綾辻行人、有栖川有栖、西澤保彦、貫井徳郎、法月綸太郎、東川篤哉と有名な著者揃いなのでついつい釣られてしまいました。

『自薦 THE どんでん返し』

綾辻行人『再生』

感想:★★☆☆☆

奥さんの首を切り、生えてくるのを待っている男というショッキングな場面から始まる一作。

どんでん返しという意味ではあまり満足出来ませんでしたが、綾辻さんらしいホラーな雰囲気が楽しめました。

有栖川有栖『書く機械』

感想:★★★☆☆

才能はあるのにイマイチ伸び悩むミステリー作家に向けられた編集者の企み。

こちらもミステリーというよりブラックユーモア的。読んでいる側としてもちょっぴり共感してしまうのがちょっぴり怖い…。

西澤保彦『アリバイ・ジ・アンビバレンス』

感想:★★★☆☆

短編ながらしっかりしたミステリー物。

真犯人は自首しているのにも関わらず、その真犯人のアリバイを証明できる自分。果たして本当は何があったのか。

短編故にさっぱりしていますが、綺麗な構成だと感じました。

貫井徳郎『蝶番の問題』

感想:★★★☆☆

夕刊フジで読者チャレンジ型懸賞ミステリーとして連載された作品。

手記から事件の犯人を見つけ出すという解くミステリー。

サラサラと読んでしまったので面白さを最大限活かせず…。読む前にこれが読者チャレンジ型の作品だとわかっていたらもっと考えて楽しめたと思うと後悔です。

法月綸太郎『カニバリズム小論』

感想:★★★★☆

ある男が同棲していた女を殺して食うという事件が発生し、何故食ったのか、その動機に迫るというストーリー。

他の作品が「これ、どんでん返し?」となりがちなのに比べて、これはしっかりどんでん返しがある作品。

正直気分が悪くなる読み物ではありましたが、ボリュームの少なさに対して満足感のある一作になっていました。

東川篤哉『藤枝邸の完全なる密室』

感想:★★★★☆

コメディー要素のある一作。

完全なる密室殺人を目論み実行に移した犯人の元に探偵がやってきてしまい、ハラハラしながら探偵をやり過ごそうとする主人公が面白い作品。

どんでん返しとは少し違いますが、オチが面白いですw

スポンサーリンク
最近のお得ニュース: huluではポケモンサン・ムーンのアニメも配信開始!2週間無料キャンペーンやってますよ~!

シェアする

フォローする