本紹介:今日の一冊|『ざんねんないきもの辞典』感想

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして”聴ける”!私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

AmazonミュージックUnlimitedが今なら新規登録者のみ3ヶ月99円で利用可能!【11/15~2019年1/4まで】

こんにちは!

今日の一冊、今回紹介するのは『ざんねんないきもの辞典』です。

進化の結果、どうしてこうなった!?とツッコミたくなるようないきものたちの特徴を紹介するユニークな本です。

ざんねんないきもの辞典

それがこちら。

イラストもとても面白いので、誰でも楽しんで読める一冊になっていると思います。

中でも特に好きだったものを幾つか紹介すると、

コウテイペンギンは2ヶ月間足の上で卵を暖め続ける

地道すぎww

棒立ちで卵を暖め続けるコウテイペンギン…可愛い。

ウサギは自分のうんこを直に肛門から食べる

原文ママ。

ウサギの株大暴落w

ニホンザルはおしりが赤ければ赤いほどモテる

イラストの

「なんて赤いしりなんだ…!」「ふっ…」がシュール。

ゴリラは知能が発達しすぎて下痢気味

実はゴリラは豆腐メンタルらしいです。もうその時点で面白いw

しかもその下痢便を食べるらしいのでメンタル弱いってレベルじゃないですね。

人間も進化の結果残念になってしまったところっていくつもあるんだろうなぁと考えずにはいられなくなった一冊でした笑