パワプロ2018パワフェス攻略|勝てない方のために、コツを11個紹介!

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして”聴ける”!10/24~12/12まで、なんと無料期間で好きな本を聴くだけでAmazonポイントが最大3000円分もらえるという意味不明なほどお得なキャンペーン中!私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

・【11/14まで】AmazonのMusicUnlimitedで音楽を聴くと抽選で1000人にEchoシリーズが当たるキャンペーン中!

こんにちは!シュガーです。

パワプロ2018買いました!久々のパワフェス、しばらくハマりそうです。

今作は2016に比べると少し難易度が落ちたように感じました。

でも2016未プレイで2018をプレイしていたら私も負け放題だったと思うので、今回は初めてプレイするという方のために、コツをいくつか紹介したいと思います。

パワフェスのコツ①しばらくは難易度ルーキーで仲間集め&レベル上げに集中する

まず大事なのは、最初から勝てなくても何の問題もないよってことです。

初期メンバーはモブだけなので、とにかく守備力が世紀末です。ちょっとフライ性の当たりを打たれたらまず捕れないし、セカンドやショートの真正面にゴロが来てもゲッツーが取れないくらいですからw

なのでまずは、難易度ルーキーで、できるだけ仲間が多く集まるチームを選んで対戦し、とにかく仲間を増やしていきましょう。できるだけ二遊間を優先して早めに獲得するのがおすすめです。

仲間になったキャラも初期はレベルが低いので弱いですが、試合を重ねていく度にレベルがアップしていき、次またプレイするときにはかなり頼りになるようになります。

仲間の60%(図鑑126人)を集めれば最初に4人仲間が入ってくれるようになるので、それまではずっとルーキーでいいかも。

ルーキーのお守りがなくなったら、トップメニューにあるショップで買いましょう。

ルーレットは目押しする

今作で追加された試合前のルーレットですが、選手獲得条件は目押しできるように感じました。

やり方としては、前2つのルーレットが終わった後に、

最後のルーレットで青が過ぎるあたりでタッチパネルボタン。これで勝てば3人、タイミングが外れても点差次第で止まるように思います。

パワフェスのコツ②仲間が育つまでは自キャラは野手で

仲間が育っていないと、守備も攻撃もかなりジリ貧になってしまうので、しばらくは自キャラは野手をおすすめ。

特にパワーヒッター型の選手にしておけば、自分の打席でホームランで得点できる可能性が大幅にアップするのでこれだけでだいぶ難易度が変わってきます。

同様に守備力も高めておけばモブの聖域を減らすことができますしねw

パワフェスのコツ③勝てないならマネージャーは絵久ちゃんがおすすめ

勝てないうちは、最初に選ぶマネージャーは、絵久ちゃんがおすすめ。

彼女をマネージャーにしておくと、ご機嫌次第で相手チーム全員の調子を下げてくれます。

特にハート3つだと相手全員が絶不調になるというまさに強烈な効果。勝てない間は彼女をマネージャーにするのがおすすめです。特に野手ならポイントボーナスも悪くないので。

投手だと敏捷ボーナスが腐り気味なので、他のポイントボーナスを持ったマネージャーを使うほうがいいかも。

パワフェスのコツ④抑えて勝つのではなく、打って勝つ

仲間が揃っていないと当然投手もひどい能力で、かつ触られたら守備が終わってるのですぐに点を入れられてしまいます。

なので、最初の内はリードを守って最終回に抑えて勝つというやり方はおすすめできません。

できればルーレットで後攻を引き、1,2点ビハインドのまま最終回に突入し、サヨナラで勝つのがおすすめです。

↑私の初見クリア時のスコアなんですが、これはひどい乱打戦w

最後の2試合はもう、8回ウラに攻撃操作が回ってきたときはわざと放置して三者凡退し、9回ウラでサヨナラを仕掛けに行くようにしてました。

8ウラでリードして9表に操作が回ってきて3点リードされたりしたら余計に大変になりますからね…。操作じゃなければ、負けからさらに点差が広がることは少なくとも今回はほとんどなかったように思います。

ちなみにこれは仲間が揃うまでの話で、仲間が強くなってきたらガンガン攻めて抑えて勝ちで全く問題ありません。大体勝った状態で9回を迎えると2OUTからのスタートになりますしね。

パワフェスのコツ⑤攻撃時は2点リードでランナーを溜め、一気に点を取る

パワフェスでは2016から今作にかけて、攻撃時に3点差が付いたら強制的に攻撃を中断させられる仕様があります。

そのため、2点リードまで来たらランナーを返さず、理想を言うなら満塁ホームランを狙うようにしましょう。

ただし点差を付けると操作が回ってくる回数は大幅に減るので、経験点が少なくなる点には注意。

パワフェス投手のコツ①とにかく三振狙い

最初に述べたように守備が最初は終わってるので、触られたらすぐ点を入れられてしまいます。

なので狙いは意地でも三振。

今作は2016に引き続き、追い込まれるまではまぁそんなに触ってこないので(所謂トラウマ系4番バッターは追い込む前に簡単にホームランにしてきますが…w)、2ストライクまでは丁寧に4隅で取っていきましょう。

追い込んだ後は、個人的おすすめは4隅ギリギリの全力ストレートと、ストライクゾーンを通過してボールに逃げる斜め変化系の変化球。

しっかり遅い球と速い球の緩急もつけるようにしましょう。それでも抑えるのは難しいです。

とにかく四隅ギリギリを意識。

モブPでもインハイボール球ストレートは結構振らせることができます。

パワフェス投手のコツ②投手操作は2度押しで

最近の投手操作には「二度押し」というものがあり、リリース時にベストタイミングでボールを押すとナイスピッチを意図的に出すことができます。

ナイスピッチが出るとコントロール、ノビ、キレが上がりこれができるだけで三振の取りやすさがだいぶ変わってくるので、ルーキーで仲間集めをしている間に練習しておくのをおすすめします。

パワフェス打者のコツ①とにかくストレートをホームランにする

もう打者に関してはとにかくコレです。

上級者にもなればいろんな変化球に手を出せるんだと思いますが、初心者はとにかくストレートをホームランにしましょう。これだけで優勝できるので、変化球はひとまず捨てで。

慣れてきたらスライダー系には手を出してもいいかも。特にときめき青春の青葉の超真魔球は割と打ちやすい&多様してくるので狙うのをおすすめ。

幸い今回は最終戦のピッチャーの特殊変化球がスローボール系なので、変化球に対応できなくてもクリアはしやすいように思いますね。

↑ココロブレイク、初見の初球でホームランにしてしまったw

↑なお、その後に猪狩が出てきて絶望した模様。てか変化555って強くなってない…?

また、今回はミート打ちが前より強化されているような気がします。変化球はミート打ちで捉えるといい感じのところに落ちるので、変化球中心投手にはミート打ちで対応するのも○。

パワフェス打者のコツ②ノーコンピッチャーは四球と失投を狙う

まぁノーコンピッチャーというかほぼアンドロメダの大西のことなんですがw

あのピッチャーは球種も多彩で変化球中心に投球してくるので、四球とたまに来る失投、ストレート狙いに絞るのがおすすめです。

強力な投手でもコントロールが悪ければ球数を投げさせて降ろさせることもできるので、ノーコンピッチャーには慎重打法で行きましょう。

パワフェス打者のコツ③オリジナルストレート系投手はミート打ちで対応

オリジナルストレートを持つ投手に関しては強振で相手にしないほうがいいです。

まず、雲海のホワイトストームとマイルマンのメテオマグナム。これらはもう完全に鉄球なのでパワーSでもなければホームラン狙いは無謀な感じがしますw 少なくとも真芯に当てないと全然飛びません。

他にも重さとホップを併せ持つ木場の爆速ストレートや、変化の仕方がいやらしすぎる史門のシルバーバレットなども強振では相手にしづらすぎますね。

幸い重いストレートはミート打ちでいい感じのところに落とせることが多いので、無理せずこれらはミート打ちで対処しましょう。

パワフェス打者のコツ④「達人」で勝てない場合はすけすけゴーグルを2つ持ち込む

特に難易度「達人」で勝てない場合の最終手段。

達人は投手が投げる際のフェードがなくなるので、ノーマル以下と違ってストレートを打つのがすごく難しくなります。

それに対して、球速の遅い変化球は達人では狙い球。すけすけゴーグルを持ち込んでおけばホームランのチャンスも格段に増えます。

とりあえずはこんなところだろうか。

パワプロ2016の時に全然勝てなくて絶望してたんですが、ちゃんと仲間を集めれば難易度ノーマルでも優勝できるようになりますから、自分の腕前のせいで勝てないとヘコまないようにしてくださいね!

難易度達人に関しては、普通に腕がないと厳しいので練習するしか無いです\(^o^)/

それでは、またパワフェスやってきま~す!

パワフェスのコンボについてはこちらの記事で!↓

こんにちは!シュガーです。 パワプロ2018、ただただパワフェスのみやり続けてます。笑 そのせいで2016とやってることが変わらず、新作...

栄冠ナインで勝てないときのコツもまとめました!

こんにちは!シュガーです。 パワフェスが一旦落ち着いたので、栄冠ナインやってます。 これがまぁ想像以上にめちゃくちゃ面白い!!んですが、...