オーディブルの原作『陸王』とドラマ版の『陸王』で2度泣いた話

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして1冊無料で”聴ける”!

私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

FF7リメイクが早速予約開始!私は特典付きを予約しました!

ファイナルファンタジーシリーズのサントラがAmazonMusicUnlimited(4ヶ月99円=1ヶ月たった25円)で配信開始!FFRKのアルバムもあるのが個人的にポイント高いです!

陸王 オーディブル ドラマ

こんにちは!シュガーです。

オーディブルで池井戸潤原作の『陸王』を聴いたんですが、まーめちゃくちゃ面白いですね…。

池井戸潤作品は本当にどれも超面白くて、今までは『下町ロケット』が一番好きだったんですが、『陸王』はそれを越える勢いです。

名作『陸王』の原作はオーディブルで聴けます!!

私もずっと読みたかったんですがまだ文庫化されておらず、なかなか手が出せなかったこの作品ですが、オーディブルで聴けるんですよ。

無料体験で1冊聴けますので、この『陸王』は無料で楽しむことが可能です!!

正直、オーディブルに存在する数多くのオーディオブックの中でも、この『陸王』、かなりおすすめのほうだと思っています。

私が思うに、1ヶ月に1冊聴けるというオーディブルの性質上、価格が同じならボリュームが多い作品のほうが得なんです。

こんにちは!シュガーです。 Amazonの「Audible(オーディブル)」という書籍の音読サービス、1ヶ月無料で体験できるので早速使って...

この記事でも説明しているんですが、一番おすすめなのは超ボリュームのハリーポッターシリーズ。

長い炎のゴブレットは30時間以上あって非常にお得なんですが、この陸王も15時間超えとかなりの特大ボリューム。

しかもこの『陸王』、私が今まで聴いたオーディオブックの中でもトップクラスにナレーションがいいです。セリフの聞き分けもしやすく、感情的で、ぶっちゃけいいところではグッと来ます。めっちゃ読むの上手い。それでいて渋いんです。この作品にピッタリだと思います。

陸王は池井戸潤得意の斜陽産業の再生ストーリー。正直めちゃくちゃ感動します

陸王の簡単なあらすじは、

100年続いてきた老舗の足袋(たび)業者「こはぜ屋」が、このままでは時代の流れで消えてしまうという危機に直面して、足袋作りの技術をランニングシューズに活かし成功を目指すというもの。

技術にはプライドを持っている零細企業が大企業に立ち向かっていくというストーリーは『下町ロケット』でも描かれていましたが、

この『陸王』がそれを越える感動を与えてくれたのは、ランニングシューズとランナーの関係によるものです。

主人公の宮沢社長が経営するこはぜ屋は、ランニングシューズというアイデアを得て、勉強のためにもマラソンを見に行くことにするのですが、そこで人気のランナーである茂木がレース終盤で故障してリタイアしてしまうところに居合わせます。

それを見た宮沢は、茂木をサポートしたいという純粋な気持ちから、怪我をしにくいシューズを開発することを決心します。

シューズ開発を通じてこはぜ屋は茂木をサポートしたいと。そしてその想いを受け取った茂木は走ることでこはぜ屋をサポートしたいと。

この人情あふれるストーリーが、今までの再生モノとは一段違った感動を与えてくれました。

原作『陸王』が面白すぎたのでドラマ版を見たらめちゃくちゃ泣けた

『陸王』はドラマ化されていて、視聴率20%超えを達成した名作です。池井戸潤は本当にヒットメーカーですね。

陸王の動画はparaviで現在独占配信されているのですが、ピエール瀧が出演しているので配信停止とかになる可能性もあるような気がします。(だからむしろ急いで観たってのもあるんですけどねw)

ドラマと原作はやはり結構変わっていて、原作のほうが圧倒的に渋いです。

ドラマは感動を高めるためにセリフや場面も増えていて、それが効果的なところもあれば逆効果なところもありました。

ちょっとここからはネタバレ込みで違いの感想でも。

私が個人的に一番原作のほうがよかったと思ったのは、シルクレイを大地と飯山の二人で完成させようとしたところ。

ドラマでは「これが最後だ」っていうところで社員が全員集まっていて、「できたー!」でみんなバンザイみたいな感じなんですが。

原作では試行錯誤して大地と飯山が二人で成功させ、飯山が目に涙を浮かべながら握手を要求し、これまで何にも熱くなれなかった大地が自分でもわからず流れる涙を止められなくなるみたいな感じなんですよ。正直あのシーンめっちゃ好きなのでドラマ版はちとがっかりでしたね。

逆にドラマ版でグッと来たのはやはり最終回の茂木のセリフです。

原作でも、「今のこはぜ屋さんは2年前の俺と同じ」「ここで陸王を履かなかったら、怪我をした自分と離れていった連中と同じになる」というアツいセリフがありますが、

「こはぜ屋さんは一緒に走ってくれますよ。いいときも悪いときも、このR2を履いてるときだって」「自分はこれからもこはぜ屋さんと一緒に走りたいんです」

という号泣物のセリフはドラマ版で追加されてました。

役所広司さんの演技が上手すぎてめっちゃ感情移入してしまうんですよね。あんなこと言われたらそら泣くわ。そら泣くよ!!

また、優勝者インタビューもめちゃくちゃ泣けましたがあれもドラマ版で追加されましたね。

あれも正直めっちゃ感動はしますが、アトランティスとの契約を破って陸王を履くだけならまだしも、宣伝までするのは普通に考えて結構ヤバいので、あれはまさにドラマ版だからこそって感じがします。原作はそういうツッコミどころがないので笑

オーディブル版の陸王はめちゃくちゃおすすめなので聴いてほしい

言いたいことをまとめると原作版もドラマ版も面白くて2度泣いたってことなんですが、

陸王の中で唯一手に取りにくいのが文庫化されていない原作本です。

これを無料で楽しめるオーディブルは本当に有能なので、ぜひ聴いてみてください。

ドラマ版とは違った渋さが楽しめるはずです。あと本当にナレーションがいいんですよ…。

オーディブルで原作『陸王』を聴く

paraviでドラマ『陸王』を観る