スマブラSP リヒター/シモンの使い方と対策|立ち回りと各種飛び道具の使い方、崖、撃墜について

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

ドラクエウォークはじめました!TwitterにQRコードを載せているので、気軽にフレンド申請してください!

・モンハンアイスボーン発売!とりあえずおすすめのEX装備に関してまとめました!

こんにちは!シュガーです。
今回はモンスターハンターワールド:アイスボーンの格武器種で使えるおすすめ装備について、まずはスキルを発動できる…

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして1冊無料で”聴ける”!

私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

FF7リメイクが早速予約開始!私は特典付きを予約しました!

ファイナルファンタジーシリーズのサントラがAmazonMusicUnlimited(4ヶ月99円=1ヶ月たった25円)で配信開始!FFRKのアルバムもあるのが個人的にポイント高いです!

スマブラSP リヒター

こんにちは!シュガーです。

今回はスマブラSPの新キャラであるリヒター/シモンの使い方について、1日ちょっと触って気づいたことをまとめてみたいと思います。これから使いたいという人は参考にしてみてください。

リヒター/シモンは強いところと弱いところが両極端なので、強みを押し付けよう

使った人はわかると思いますが、リヒター/シモンは強いところと弱いところがめちゃくちゃはっきりしています。

リヒター/シモンの強いところ

まず強いところは

  • 豊富な飛び道具(しかも全部強い)
  • リーチが長い鎖攻撃
  • 崖上の異常な強さ
  • それに伴う撃墜力の高さ
  • 困った時の前投げバースト
  • 下強によるライン回復

など。

それに対して…

リヒター/シモン対策&リヒター/シモンの弱いところ

  • 着地が弱い(空中攻撃も弱いし空中横移動性能も低い※ただし空下の急降下はある)
  • 復帰力がない
  • 近距離戦が弱い

この3つ。

露骨にこれが弱点です。

なのでまとめると、

飛び道具とリーチの長い横強などで自分の得意間合いを維持しつつ、崖の展開などで強い撃墜能力を持つが、近距離戦と着地狩りでボコボコにされてると何も出来ないし、復帰の時に小突かれたら死ぬ。

というキャラですね。

また、短所だけでなく長所の裏返しとして、崖の展開にいけないと強みが大きく削がれるため、崖に行かないことそのものがリヒター/シモン対策になります。

単純にスピードキャラは苦手で、大型系は得意というキャラかなと。

飛び道具は基本的に牽制のクロス、ダッシュ抑制&ジャンプ誘発の聖水

3種の飛び道具ですが、基本的にクロスが主力かなと。

まっすぐ飛んで戻りにも同様に攻撃判定があり、リンク系のブーメランと撃ち合えるくらいのモーションです。

帰ってきたクロスを避けて後ろにいる相手に当てたり、なかなかおもしろいこともできます(ただ避けると再使用まで遅くなる点には注意)

聖水はダッシュ抑制で置く使い方が立ち回りでは基本かなぁと感じていますが、当てに行くのもめちゃくちゃ強いです。

ぶっちゃけこれは「当たらなくても燃えるPKファイヤー」なので、相手の前で燃やしているだけでかなりのダッシュ抑制&ジャンプ誘発になりますね。こちらはリーチがあるので炎を挟んだ状態でも一方的に攻撃できます。

聖水で相手が燃えた場合は地味に難しいところです。相手が低ければ掴んで展開重視に持っていくか上強でダメージ稼ぎ。中%は空中下から上Bを狙ったりしてますが想像以上にやれることが多いのでトレモしたほうがいいですね。

斧に関しては、かなり注意して使う必要があります。

モーションがめちゃくちゃ長いので、距離を見誤ると見てからダッシュされて差し込まれます。この場合聖水を置いておくとそのダッシュを抑制できるので、できれば聖水が燃えている状態で投げたいところ。

斧は空中ジャンプ読みで使うと刺さる

斧は待ち合いの飛び道具として使うよりは、相手の空中ジャンプを読んで投げる使い方をメインにしてます。

タイミングとしては、小さな吹っ飛びを与えた後にちょっと飛びたくなっちゃうようなそんなタイミング。相手としても見慣れない軌道なのでかなり刺さります。

あとは相手をふっ飛ばした後の追撃に投げておくと相手としてはかなりプレッシャーがかかります。

差し合いは横強と下シフト空中攻撃、ライン回復の下強がメイン

中距離での差し合いもリヒター/シモンの強み。

横強と空中前攻撃の圧倒的低リスク超リーチで強みを押し付けていきましょう。

空中前/後攻撃は上下シフトが可能なので、下シフトすれば簡単に対地で当てられます。

走行反転横強もマスターしておいたほうがいいかも

他にリヒター/シモンで使えそうなテクニックが、走行反転横強です。

右に走る→左に方向反転を入れた瞬間右に横強(Cステを横強にしておけば簡単)

とすることで、横強がちょっと滑ってリーチが伸びます。地上戦での牽制に役立つ動きなのでマスターしておきましょう。

ライン回復の下強は飛び道具回避にもちょっと使える

リヒター/シモンは復帰力が低いので当然崖を背負う展開は避けたいところ。

明らかにそのために用意してあるのが下強のスライディングです。これで一気にライン回復できるので、内側回避するくらいならこれのほうが見えないと思います。(ただし足の早いキャラクターにはガードさせてもDAなどで反確なのでブンブン振るのはNG)

このスライディングも姿勢が低いので地味にネタがあって、ウルフのブラスターなど飛び道具をくぐって近づくこともできます。

近距離戦はガードキャンセル上Bも重要

このキャラは近距離戦がキツいので、相手の隙が少ない空中攻撃をガードして固まってしまい、投げから着地狩りの展開のように持っていかれるとかなり厳しいです。

そこで相手の展開を切るためにガードキャンセル上Bはかなり機能します。これであればガードから掴みが間に合わない空中攻撃でも反確取れるので。(GC掴み=10F、GC上B=6F)

差し込みは斜め上からが弱点

リヒター/シモンは直線的には強烈な攻撃が多いですが、意外と斜め上は弱めになっており、リヒター/シモンに対する差し込みは斜め上からが圧倒的にしやすいです。(そのため、台の下にいることで斜め上に強くなる戦場で強くなる)

リヒター/シモン側からの斜め上対策としては、斧、空中攻撃上シフト、上Bがあります。

斧に関しては斜め上をカバーする距離で投げるのにはリスクがありすぎるため、空中攻撃と上Bがメインになりますが、空中攻撃の上シフトは判定がピンポイントなのでやはり難しくなりますね。

完全に見えた場合は上B対空、ラインがある場合は引いて着地に横強などが使いやすいため、崖を背負いすぎないことも大切かと思います。

とにかく相手を外に出せば崖聖水横スマでいつでもワンチャン狙える

リヒター/シモンの明らかな強さの1つがこの崖聖水横スマなのは間違いないでしょう。

崖ぴったりに聖水を割れば崖掴みっぱなしもできず、通常上がり、ジャンプ上がりは燃えて横スマ、回避上がりは狩れないですが他に択がない以上読めるので対応可能です。

なのでリヒター/シモンを使うならとりあえず崖に聖水を投げる練習は必須です。

崖ピッタリじゃない聖水は、崖つかみっぱなしにしておいて2個目を投げようとしたところで上がられますので。

ちなみにおっとっと状態から最速SJ内側空中回避→SJ最速聖水で崖の端っこに聖水を投げることができます(炎が落ちていく理想的な投げ方)。

リヒター/シモンのキャラランクは?強い?弱い?

私の個人的な考えでしかありませんが

上の中~上の下

くらいかなぁ…と思います。

ぶっちゃけ、現段階ではめちゃくちゃ勝てるので強いと思われがちなキャラクターだと思いますが、それはわからん殺しで強みを簡単に押し付けることができているからで。

もう少しゲームに対する理解が深まってこれば次はリヒターの弱い部分のほうがかなり浮き彫りになってくると思うので、そうなると今のように簡単には勝てないだろうなと。しかも弱点が結構致命的なので、最上位に居座れる性能ではないと思っています。

また、とにかくスピードキャラに弱いです。自分で使っているのでわかるんですが、明確に対シークが最高にキツいと思います(粘着力が高いしコンボから着地狩りの展開にいけるし復帰が強すぎて崖で攻防もしづらいため)。シモンリヒターは特に着地ができないので、接近してからの着地狩り展開に持っていけるキャラがかなりキツいかなと。

その反面有利な相手にはとことん有利なので、かなり相性の有利不利が大きそうなキャラクターだと感じますね。