『バットマンvsスーパーマン』感想:62点 【ネタバレ対策あり】

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは、シュガーです。

突発で『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』を観てきました。

ネタバレは2ページ目にまとめてあるので、未見の方も安心して御覧下さい。

予備知識としては、この作品に関する予習なし。バットマンシリーズはダークナイト3部作を鑑賞済み。スーパーマンは『マン・オブ・スティール』を未鑑賞です。(この後マン・オブ・スティールも観て感じたことがあれば追記しようと思います。)

なぜバットマンとスーパーマンが戦うの?その理由は?

この映画について何も知らない人が気になる部分の一つではないでしょうか。

予備知識のなかった私は、『バットマンvsスーパーマン』と聞いて、『エイリアンvsプレデター』『フレディvsジェイソン』を真っ先に思い浮かべました。

言い方が悪いですがあの無理矢理戦わせてみた系の特に面白くないヤツかと。w

ですが、先日マッドマックス4DXを観に行った時に流れた予告で、どうも違うなと感じました。

何故バットマンとスーパーマンが戦うことになるのか。

この映画の始まりは、バットマン視点で始まります。

スーパーマンと異星人の戦い。両者の力はあまりにも強大すぎて、一般市民は甚大な被害を被ります。いつもヒーロー側から観ている視聴者としても面白い視点です。確かにたまったもんじゃないw

バットマンことブルース・ウェインもその例に漏れず、ビルを焼かれ、優秀な部下を失うことに。瓦礫の下敷きになりそうな子どもを助けながらスーパーマンを見上げるバットマン…。

そんな人間離れした力のスーパーマンをこのまま野放しにしておいていいのか?バットマンは、いずれ彼の力が世界を滅ぼすと考えます。倒すべきだと…。

スポンサーリンク

『バットマンvsスーパーマン』は、意外にややこしい展開の映画

予習なしで行った私の第一印象はコレ。展開がややこしい。

正直、『バットマンvsスーパーマン』は予習して行ったほうが楽しめるタイプの映画なのではないかと思います。ダークナイト3部作だけの予備知識だった私は、ついていくのに苦労しました。『マン・オブ・スティール』は必ず観ていったほうがいいレベルだと思います。

この映画では主に3つの勢力が出てきます。

バットマン

人間。鍛えた身体と知識と技術を駆使して戦うダークナイトさん。

スーパーマンの存在が正義なのか疑問アリ。

演じるのがクリスチャン・ベールからベン・アフレックに変わってちょっと大柄になりましたね。

スーパーマン

地球で育ったクリプトン人。つまり異星人。

スーパーヒーローの中でも圧倒的な力を持つ。強さを一言で伝えるなら、核兵器喰らっても死なないレベル。

性格も正義の味方そのものだが、派手な戦いによって被害を受けた一部の人間から恨まれている。

レックス・ルーサー

人間。一言で言うなら悪いやつ。

こいつの行動が理由含めてと~~~にかくわかりにくい。目立ってやっていたことは以下の3つ。

  • 各地で暗躍してクリプトナイトを手に入れ、兵器を作ろうとしている。
  • なにやらゾッド将軍なる人の死体で悪さをしている。
  • スーパーマンをハメようとしている。

『マン・オブ・スティール』を観ていなかった私は、ゾッド将軍と言われて誰コレ?ってなりましたが、おそらく前作に出てたキャラだろうなと察しながら観てましたw 実際その通りで、『マン・オブ・スティール』に登場しスーパーマンと戦ったクリプトン人。

また、やたらとスーパーマンをハメようとしています。残酷で大規模な行動を起こし、世論をスーパーマン否定の流れに変えようとしたりします。

だからなんでこんなことするんだ?と思いながら観ていたのですが、鑑賞後に調べると『レックス・ルーサー=スーパーマンの敵』って感じなんですね。行動原理をこの一言で表せるならたしかに大変わかりやすいキャラですが、それをわかっていないと何がしたいのか本当にわかりにくかった…。

バットマンvsスーパーマンをまだ観ていない人向けのまとめ

  • 初見ではついていけない恐れがあるので、『マン・オブ・スティール』は必ず観ていったほうがいい。お祭り映画としての要素は弱い。
  • バットマンvsスーパーマンというタイトルだが、両者が戦うシーンはほんのちょっとしかない。
  • 後半の戦いまでは意外と地味な展開なので、4DX向きではないかもしれない。
  • これから始まる派生作品の幕開けにあたる作品として臨んだほうが好感触か。

まだ観ていない人は、マン・オブ・スティールを観てから劇場に足を運ぶことをオススメします。

ここから先はネタバレ全開なので、次ページに!

↓2018年版に更新! 4月現在アルトバブル到来中!↓

こんにちは!シュガーです。
仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。
長期投資では誰…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする