映画『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』4DX感想:92点【ネタバレ対策あり】

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは、シュガーです。

早速『シビルウォー』観てきました!

いや~大満足の一言。バットマンvsスーパーマンがいかに雑だったか思い知らされました。

こんにちは、シュガーです。 突発で『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』を観てきました。 ネタバレは2ページ目にまと...

今回もネタバレ感想は2ページ目に書きますので未鑑賞の方も安心して御覧下さい!

スポンサーリンク

『シビルウォー:キャプテン・アメリカ』のあらすじ

何故キャプテン・アメリカとアイアンマンが戦うの?

この映画では宣伝されている通り、キャプテン・アメリカとアイアンマンを筆頭に、アベンジャーズが各陣営に分かれて戦うことになります。

ですが、注意して欲しいのはこの映画は『フレディvsジェイソン』のようなお祭り映画では全く無いということ。戦うことになるのには、今までのシリーズでの戦いを通じてのしっかりとした理由があるのです。

過去、アベンジャーズは数々の戦いをしてきました。彼らの戦いの目的はもちろん世界を救うため。しかし、その戦いの激しさから一般人を犠牲にしてしまうことが多くあったのです。(過去作参照)

今作シビルウォーのオープニングでも、アベンジャーズは一般市民から意図せず犠牲を出してしまいます。そんなアベンジャーズに世論は疑問の声も。一般市民の中には彼らアベンジャーズをただの自警団と呼ぶ者も現れてしまいます。

そこで国連は『ソコヴィア協定』でアベンジャーズを国連の監視下に置き、彼らの力を制御しようとします。

その『ソコヴィア協定』を巡ってキャプテン・アメリカとアイアンマンが対立するのです。

キャプテン・アメリカは『ウィンターソルジャー』での経験から、必ずしも組織の指示が正しいとは思わず、自分の中に確固たる正義を持っている人物であるため、反対。

アイアンマンは『アベンジャーズ』をはじめとした経験から、自分たちが犠牲を出してしまったことに深い自責の念を感じていたため、賛成します。

ここの選択がまずとても面白いところで、過去、キャプテン・アメリカは国家の為に全てを尽くして戦争を戦ってきたキャラクターであり、アイアンマンは自身が政府下に置かれることを嫌った自由奔放なキャラクターなんですよね。

二人とも、数々の戦いを通じて成長し、その人間性にも変化が出てきたわけです。そこに焦点が当たっていて、シリーズとしての面白さが活きているのが見事。

さて、意見が分かれはしましたが、成立することになった『ソコヴィア協定』。

オープニングでアベンジャーズに被害を受けてしまったワカンダの王が訪れたその調印式で大規模な爆発テロが起きてしまい、そこで容疑者として挙げられたのが、キャップの親友であるバッキー。

キャップは現在のバッキーがテロ行為をしたなどとは信じられず、バッキーをテロの犯人として射殺しようとする国連と立場が対立。それがアベンジャーズの分裂に繋がっていくことに…。

『シビルウォー:キャプテンアメリカ』の前に復習しておくべき作品

必須:『キャプテン・アメリカ:ファーストアベンジャー』『キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー』『アベンジャーズ:エイジオブウルトロン』

この3作は是非観ておくべきだと思います。キャプテン・アメリカ2作はキャップとバッキーの関係を、エイジオブウルトロンではアベンジャーズ内の人間関係とアイアンマンことトニースタークの人間性も垣間見れます。

推奨:『アイアンマン』『アイアンマン2』『アイアンマン3』『アベンジャーズ』『アントマン』『スターウォーズ:帝国の逆襲』

今作はキャップとトニーの人間性に焦点が当てられている作品なので、彼らのことについては理解が深ければ深いほどいいです。

帝国の逆襲は半分ネタですが、ネタが出てくるので一応。w

4DXとしてのシビル・ウォーの感想

前回マッドマックスを観に行ってレビューを書きました。

こんにちは!シュガーです。 今日、初めて4DXで映画を観てきました。 作品は『マッドマックス 怒りのデスロード』。 ...

↑初めての4DXが不安な人は是非御覧下さい。

単刀直入に言うと、シビル・ウォーの4DXは、マッドマックスほどの満足感は流石に無かったです。あちらはほぼ全編派手なアクションですしねw

マッドマックスがアトラクション並なのに対し、シビルウォーはいい意味で没入感を高めるのに4DXが仕事してくれたって感じで、こちらも満足はできました!ただもう一度2Dでも観てみようと思っています。4Dは表情などはちょっと見づらい場面もあるので。

ここからはネタバレ感想ですので2ページ目に!

↓2018年版に更新! 4月現在アルトバブル到来中!↓

こんにちは!シュガーです。
仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。
長期投資では誰…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする