【映像配信サービス比較】hulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)とAmazonプライムビデオを比較考察してみた!

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!シュガーです。

最近huluの起動時間が少なくなってきたので、気分転換にNetflixを始めてみました。追記している今ではNetflixを退会し、huluとAmazonプライムビデオを使っています。

初めて映像配信サービスを使うという方は、特に有名なこの3つから悩む方が多いと思いますが、最終的にどのように選んでいけば良いのか。いろんな観点から比較してみたいと思います。

映像配信サービスの特徴&テレビとどう違う?

hulu,Netflixは月額タイプの動画配信サービス。

国内・海外の映画、ドラマ、アニメなどが月額約1000円で見放題で、PCは勿論スマホやPS3、PS4などでも観れる使いやすさが特徴。

(Netflixは画質と同時視聴数を1に落とせば月額650円,4K画質が月額1450円です。4Kに対応しているのはNetflixだけですね。)

動作が軽いだけでなく、画質も両者HD画質なので、DVDで観るよりも圧倒的に綺麗な画質で観れます。

また、テレビと違って番組表が存在せず、自分の好きな時間に、好きなものを、好きなだけ見られるという点でテレビとは全く使い方が違います。

それぞれ、

huluは登録後2週間の無料期間

Netflix・Amazonプライムは登録後1ヶ月の無料期間があるので、

気になったら登録して試してみるのが吉ですね。

hulu公式サイト

Netflix公式サイト

Amazonプライム

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオとは?

hulu,netflixと少し毛色が異なるのがAmazonプライムビデオ。

これはAmazonプライム会員のみ見放題の動画配信サービスなのですが、

あくまでAmazonプライム会員の数ある特典の一つでしかないので、AmazonユーザーならhuluやNetflixと比べると圧倒的に得られる恩恵が多いのが特徴です。

しかもなぜか、上記2つの動画配信サービスに比べると圧倒的にお値段がお得。(年会費3900円=月額325円相当(!))Amazonは凄い(確信)

ちなみにAmazonプライムで得られる他の恩恵というのは、

  • AmazonPrimeMusicで約100万曲が聴き放題だったり、
  • 普段のお買い物で送料無料
  • お急ぎ便も無料で可能(夜に注文しても翌日には届く)

と、動画配信以外の部分でも優れまくり。

Amazonのヘビーユーザーは既に登録していると思いますが、ライトユーザーにもおすすめですよ。ふとした買い物が早く届くようになるし、気が向いた時にプライムビデオを見れるのはやっぱり嬉しいものです!

huluのラインナップ・メリット・いいところは?

ラインナップが非常に安定しているのがhuluの強みの一つでしょう。

Netflixと比べると、

  • 映画館で上映される話題の作品の関連作の一挙配信がある
  • 現在放送中の今期アニメの放送後配信もそこそこ
  • 国内ドラマの本数が多い
  • 特に日テレ系列の番組が充実していて、「ガキの使い」が配信されている
  • AKBや乃木坂などのアイドル番組も充実
  • アニメの本数が多い
  • 唯一、マーベルの映画が頻繁に配信される
  • 海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が全シーズン配信されている
  • 映画のチョイスはNetflixに劣るが、基本は当然押さえてある
  • アニメは『名探偵コナン』『妖怪ウォッチ』『ポケットモンスター』の配信が充実
  • 『NARUTO』は途中まで、他、『コードギアス』等
  • 更新が頻繁にある

まずこの辺りのインパクトが強いです。

アベンジャーズを始めとするマーベルシリーズの映画は、最近はhuluの強みですね。ネトフリやamazonプライムでは全然配信されません。

さらに、海外ドラマの『ゲーム・オブ・スローンズ』が配信されている点はやはり見逃せません。おすすめの作品です。

こんにちは!『ゲーム・オブ・スローンズ』、シーズン7まで再鑑賞マラソンを完走して今これを書いてます。シュガーです。 『ゲーム・オブ・スロー...

アニメでは『名探偵コナン』が配信されているのが最大の特徴。コナンが好きならもう決まりでしょう。過去の話が1話から全部見れちゃいます。

バラエティ番組では、特にガキの使いの笑ってはいけないシリーズが配信されたのが大きいですねw 他、さまぁ~ず、マツコ、有吉あたりの番組に強い印象があります。

また、大きな特徴として、huluはとにかくラインナップの更新が多く、これがメリットでもデメリットでもあります。新しい作品がどんどん入ってきますが、前まであった作品が観れなくなることも。

hulu公式サイト

Netflixのラインナップ・メリット・いいところは?

Netflixがhuluに比べて上回っているなと感じたところは、

  • オリジナル作品の配信が充実
  • 良質な作品の配信が多い
  • 国内外共に、映画の配信数が多い
  • 新しめの映画の配信も目立つ
  • 海外ドラマ『ハウス・オブ・カード』が配信されている
  • アニメは『魔法少女まどか★マギカ(劇場版も)』『鋼の錬金術士』『シュタインズ・ゲート』『ソードアートオンライン』など、有名作品がちらほら。
  • 『NARUTO』は少年編に加えて疾風伝も配信されている
  • 更新が少ない
  • 放送中アニメの配信は少ない

このあたり。

オリジナル作品の配信は本当に充実していて、私のおすすめ海外ドラマでもある『ハウス・オブ・カード』がシーズン4まで配信されているのはこのNetflixのみ。

また、映画のラインナップはNetflixに軍配ありと感じましたね。huluと違って新しめの作品が配信されているのが印象的でした。

また、Netflixはhuluと比べ更新が少なく、既存のラインナップは非常に魅力的に見えますが、しばらく利用していると観るものが無くなりがち。huluと違って継続するのはあまりおすすめできない点もあります。

それを後押ししているのが、辞めてからしばらくすると1ヶ月無料のキャンペーンをまた案内してくれることがあるということ。これで1ヶ月観まくるだけでも充分楽しめます。

Amazonプライムビデオのラインナップ・メリット・いいところは?

Amazonプライムビデオはやはり配信数が上記2つに比べると大きく劣っており、動画配信サービスとしてはhuluやNetflixに劣ります。

※追記

配信されている作品のラインナップが最近どんどん充実してきていて、上の2つにも全く劣らないラインナップになりつつあると感じます。もはや値段の安さを考えると圧倒的にコスパがいいのはやはりAmazonプライムだと断言できますね。

  • 松本人志『ドキュメンタル』をはじめ、『内村さまぁ~ず』などの魅力的な専用番組の存在
  • hulu同様、現在放送中のアニメ配信が結構ある
  • 『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』などのキッズ向け映画が充実している
  • ガンダム系作品が充実している
  • 映画、アニメ、ドラマ全て基本的なラインナップは揃っていてあまり不便はしない。
  • あらかじめダウンロードしておいて外出先ではオフライン視聴が可能
  • PrimeMusic、お急ぎ便など他の機能が充実していてAmazonユーザーなら登録しない手はない

キッズ向け映画と言いましたが、充実しているのは『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』です。この2つは他の動画配信サービスに配信されていないので、この2作品が大好きな方にはアリかも!

外出先でオフライン視聴ができるのもかなり嬉しい機能ですね~。

huluとNetflixとAmazonプライムビデオの比較まとめ。

1つ選ぶならどれ?

以上、3つの動画配信サービスを比較してきました。

Amazonプライムビデオはその性質から、動画配信サービスとして選ぶというよりは、Amazonプライムの機能の一つとして動画配信サービスがあるというイメージです。

なので、コスパとして圧倒的に優秀なのは、Amazonプライムです。

しかし、Amazonを普段あまり使用せず、あくまで動画の質にだけ絞って選ぶとするならば…

普段はhulu、たまにNetflix一気観がおすすめ!!

正直、huluを使った後にNetflixを登録した私としては、切り替えながら使っていくのが最強なんじゃないかと思わされます。

というのも、やはり動画配信サービスというのは何を観るかが一番大事なポイントで、映像の綺麗さやインターフェースの綺麗さ、字幕云々は二の次だと思うんですよ。両者この辺りは拮抗していますし、料金も大きな差はないですし。

huluからNetflixに移行した時、私の最初の感想は「観るもの沢山あるな!!」でした。

それもそのはず。huluにない作品が沢山あるのですから。

でもこれは逆にも言えることで、Netflixだけ利用していたら『ゲーム・オブ・スローンズ』も、『エージェント・オブ・シールド』も、『ガキの使い』も観れないわけです。

もう一つ注目したいのが、作品ラインナップの更新頻度。

私はNetflixをしばらく利用した後の感想が、「観るものが無くなった」でした。Netflixは非常に魅力的なラインナップですが、huluと違って変化が少なく、しばらくすると退屈になってくるんですよね。

なので私の結論としては、『普段使いはhulu、気が向いた時にNetflixを短期間利用』ということです!(現在まさにこの運用法です)。

まだどちらも登録していない人はとりあえず無料キャンペーンを2つとも利用してみて、その使用感で選ぶのが一番じゃないかなと思います。

それでは皆さん、いい映画・ドラマ・アニメライフを~!

huluの2週間無料視聴を始める

Netflixの1ヶ月無料視聴を始める

Amazonプライムビデオの1ヶ月無料視聴を始める

映像配信サービスをテレビで楽しみたいなら

パソコンを持っておらず、スマホの画面だけでは物足りないという方に超おすすめの商品があります。

それがAmazon FireTVStick

Wi-Fi環境下でHDMI端子に差し込むだけで使えるので、大画面テレビでバッチリ楽しめます。

特筆すべき点が、このFireTVStick自体が物凄くコンパクトなので、旅行などの遠征に持っていきやすいこと。私は旅行や実家に帰るときには必ずこれを持ち込んでますw

退屈な出先の夜も、これだけで超充実の時間に早変わりするのが素晴らしい!これはイチオシですよ〜!

↓2018年版に更新! 4月現在アルトバブル到来中!↓

こんにちは!シュガーです。
仮想通貨投資は、誰でも簡単に稼げる簡単なステージから、次のステージに移行したように思います。
長期投資では誰…

最近話題のビットコインやリップル、モナコイン!仮想通貨投資の始め方からおすすめの買い方、コツまで大ボリュームでまとめました!

スポンサーリンク

あなたがもし「自由に生きたい」と思うのなら、仮想通貨投資は人生最大のチャンスだと思います!特に、ゲーマーとの相性はかなり良好です!

私が使っている仮想通貨取引所たちはこちら

とりあえず全部登録ド安定です。

 

Zaif(ザイフ)の特徴

  • 全ての通貨が板形式(買いたい人と売りたい人の直接売買)のため、アルトコイン含めスプレッド(買値と売値の差)がない
  • スプレッドがないため、短期トレードに向いている
  • 積立投資で仮想通貨を購入する機能がある
  • サーバーが弱めで、いざという時に注文が通りにくくて困る
  • アプリが他の取引所に比べて使いにくい(PCは問題ない)
  • 入金反映のスピードが速い

 

スプレッド(買値と売値の差)がないという全てを跳ね飛ばす大きなメリットを持つZaif。簡単にいえば売り買いのお金についてはこのZaifが最強だということです。ノータイムで登録し、ここで取引のあるアルトコインはコインチェックやビットフライヤーでなく、このZaifで買うようにしましょう。コインチェックと違って短期トレードにも向いていますね。

また、積立投資の機能も初心者には嬉しいです。特に仮想通貨はまだ価格の上下が激しいので、リスクを減らすためにも「毎日、毎月○○円買う」というタイプの積立投資ができるのはかなりのメリットといえると思います。

 

Bitflyer(ビットフライヤー)の特徴

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 国内最大手の取引所で、安定感がある
  • ビットコインのみ板形式(買いたい人と売りたい人の直接取引)で取引できる
  • コインチェック同様、アプリが使いやすい
  • bitflyer lightningがあり、FXをやるならここがおすすめ
  • ログインの2段階認証をしておけば、盗難補償があるので安心
  • アルトコインの取扱が少ない
  • セキュリティ面が世界の取引所で1位と評価された

 

bitflyerの一番の強みはセキュリティ面の安心感と、FXに強みがあること。

株式投資やFXの経験者からすれば現段階のビットコインFXは成長が読みやすいおかげで難易度が低く、経験者にとっては大きく稼ぐチャンスになっているようです。とはいえ、やはり初心者には全くおすすめできません。素人が一攫千金を狙うと怪我じゃすみませんからね…。

また、ビットコインのみ板形式の取引所があるので、その安定感からもビットコインの運用に向いています。

Bitbank(ビットバンク)の特徴


  • セキュリティにこだわりがあり、コールドウォレットでの保存、マルチシグネチャを採用しておりハッキングに強い
  • 国内で唯一リップルが手数料無料で購入可能
  • レバレッジ20倍で取引でき、追加証拠金がない

ビットバンクはとりあえず、国内取引所でリップルを買いたいなら登録必須の取引所です。

2018年2月現在、コインチェックがまだかなり不安定な状況なので、その代わりとしても大活躍。なによりセキュリティにこだわっているのはユーザーとしても嬉しいですよね。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 海外取引所なので少し敷居が高い(ただしPCでは日本語に対応している)
  • アルトコインの取扱量が国内取引所と比べ物にならないほど多い
  • しかも全てのアルトコインがZaif同様板取引できるので、スプレッドがない
  • 手数料はバイナンスの専用トークン(BNB)を購入しておけば、たった0.05%
  • 2018年現在、世界で最も取引量の多い取引所である

バイナンスは、大きく稼ぎたいなら絶対に登録しなければならない取引所。

軽い投資なら上3つの国内取引所で充分ですが、ガチるなら絶対に登録しましょう。

シェアする

フォローする