本紹介:今日の一冊|『LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方』

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!

今日は久しぶりの本紹介記事です。

今回紹介するのは、『LIFE 人間が知らない生き方』。

麻生羽呂×篠原かをりのコンビで、人間の悩みを、他の動物の性質や生き方に当てはめて、漫画で解説していくというユニークな本です。

今回は特に面白かったものをいくつか紹介しますね〜。

スポンサーリンク

我は我、人は人なり:ネコの教え

自分らしさを犠牲にして八方美人になってしまい、それが原因で上手くいかない人の悩みを、ネコの性質で解説した一章。

世界的な飼育数では犬を圧倒しダントツで世界一のネコさん。

しかしそんなネコは決して従順な生き物ではなく、常に野生を秘めている。

たとえば、餌をあげようとしている人間をジッと見つめているネコは、その時「こいつには勝てる」と考えているし、

人に身体をこすりつけるのは甘えているのではなく、自分のにおいをつけて「お前も縄張りの一部だぞ」といっているのだ。

そんなネコでも、人を惹きつけてやまない魅力があるのだから、人間も、もっと自分らしくいよう。

という章です。

内容はさておき、私はネコにあまり詳しくないのでちょっとショックでした。笑

汝の敵を愛せよ:ゴリラの教え

真の強さは敵に報復することではなく、慈愛の心を持つことだという教えをゴリラの生き方から解説した章。

この章はとにかくゴリラが可愛い。w

本来は強いのにとても繊細で優しい心の持ち主だということがわかります。

檻の中に落ちて気を失ってしまった子供を助けたり、飼育員に与えられて大切に育てたネコが事故で死んだと聞いて悲しんだり。人間に育てられたゴリラは手話でコミュニケーションを取ることもできるんですね。

ちなみにゴリラは全員B型なんだとか。

漫画で動物豆知識が得られる本としてもおすすめ

こんな感じで、全20章、20種類の動物の生き方がマンガで紹介されています。

気分転換になる読み物としてもかなり面白いなぁと感じたので、動物好きの人にはいい一冊なんじゃないかなと思いましたよ!

是非手に取ってみて下さい〜!