【ミステリ映画紹介】『ボーン・コレクター』の見どころと関連おすすめ作品紹介

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして”聴ける”!10/24~12/12まで、なんと無料期間で好きな本を聴くだけでAmazonポイントが最大3000円分もらえるという意味不明なほどお得なキャンペーン中!私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

・【11/14まで】AmazonのMusicUnlimitedで音楽を聴くと抽選で1000人にEchoシリーズが当たるキャンペーン中!

ボーン・コレクター 動画

こんにちは!シュガーです。

今回はミステリ映画『ボーン・コレクター』の紹介です。これから単品映画紹介の記事を増やしていこうと思います。

今すぐ観たい人は↓へどうぞ。

『ボーン・コレクター』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)(2018年12/31まで)

ボーン・コレクターのあらすじと見どころ

事故によって全身麻痺となってしまった元刑事・ライムは、市民をタクシーに乗せて連れ去り、残虐に殺害している犯罪者からの挑戦を受ける。ライムが捜査のパートナーに選んだのは、若き女性刑事アメリア。彼女の行動力とライムの頭脳で、二人は古書「ボーン・コレクター」をなぞって犯罪を繰り返す真犯人を追い詰める。ヒーローがベッドに寝たきりという、珍しい刑事アクション。

Yahoo!映画より

ボーン・コレクターは、ジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズの第一作目です。

このシリーズの特徴はなんといっても

  • 全身マヒで指先しか動かせない元刑事「リンカーン・ライム」が主役
  • 美貌の刑事「アメリア・サックス」がライムの手と足代わりに現場で動く

というコンビ。キャストはデンゼル・ワシントンと初主役のアンジェリーナ・ジョリーです。原作を知っている私からしてもなかなかイメージ通りかなと。

また、このシリーズは「どんでん返し」に定評があり、「ジェットコースター小説」と呼ばれるほど目まぐるしく展開が二転三転するのも大きな特徴。

結末も意外なところに着地するので、ミステリ好きには文句なしでおすすめできます。

ボーン・コレクターはU-NEXTで配信されていて、1ヶ月の無料キャンペーンを利用すれば無料で視聴することが可能です。

『ボーン・コレクター』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)(2018年12/31まで)

映画化されているのは『ボーン・コレクター』のみですが、原作シリーズはどれもおすすめ

シリーズが進むと他にも魅力的なキャラクターが増えてきて、より「チーム捜査」としての色も濃くなり、優秀なチームvs頭のいい犯人という構図になってきます。

このシリーズは1作目の『ボーン・コレクター』しか映画化されていませんが(どれも映画映えする内容なのになぜだろう。長すぎて2時間に収まらないからかな?)、この後のシリーズも全て同じような面白さを備えているので、この映画が気に入った方はぜひ原作シリーズにも手を出してみて欲しいと思います。

特におすすめなのが7作目の『ウォッチ・メイカー』。この作品で登場する、”人間嘘発見器”のキャサリン・ダンスによる尋問シーンは他のミステリにはない面白さです。

『ボーン・コレクター』が好きな人におすすめの映画

『ボーン・コレクター』が好きな人におすすめできるのは、やはり

  • 連続殺人もの
  • 何かしら、事件にモチーフがある
  • サスペンス色が強め

というタイプのものがいいですよね。

ここでは、3つ似たタイプの作品をおすすめしておきます。

  1. 『セブン』(七つの大罪をなぞる連続殺人)→『セブン』をhuluで観る(2週間無料)
  2. 『天使と悪魔』(死体に秘密結社イルミナティの焼印が押される連続殺人)→『天使と悪魔』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)(2018年12/31まで)
  3. 『ABC殺人事件』(名前の頭文字がABC順に殺されていく)→『ABC殺人事件』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)

他にも面白いミステリ映画をジャンル、タイプごとにまとめていますので、よければこちらも合わせてご覧ください。

こんにちは!ミステリやサスペンス映画&小説が大好物のシュガーです。 私は本当にミステリが大好きです。 小学生のころ、おばあちゃんの家に行...