アガサ・クリスティ映画『ねじれた家』ネタバレ感想!未読でも結末が読めてしまった理由とは!

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

Amazonサイバーマンデーが12/6(金)からスタート!年末のお得なセールをチェックしよう!

DQ11Sは「すべての敵が強い」でYouTubeに動画をアップしてます!宝箱なども回収する攻略動画になっているので、チャンネル登録よろしくお願いいたします!

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして1冊無料で”聴ける”!

私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

FF7リメイクが早速予約開始!私は特典付きを予約しました!

ねじれた家 ネタバレ

『ねじれた家』は『Yの悲劇』に物凄く似ている

はい、おわかりだとは思いますが、『ねじれた家』がすごく似ていて結末が読めてしまった作品というのは、エラリー・クイーンの『Yの悲劇』のことです。(ちなみに『Yの悲劇』は1932年、『ねじれた家』は1949年発表です)

『Yの悲劇』では、まさに頭のおかしい一族の中で殺人が起き、犯人が子供であるというところも同じです。

『Yの悲劇』では、最初に死ぬヨーク・ハッターが自分の家族をモデルにしたミステリを書いていて、それを手に入れた子供が面白半分でそれを真似して殺人を犯すというめちゃくちゃ怖い作品。

そしてあちらのほうが結末はさらにダークで、探偵役であるドルリー・レーンが、犯人の少年を殺害します。

というのも、その子供が殺人を楽しみはじめ、ヨーク・ハッターの小説では殺す必要がない対象までオリジナルで殺そうとしはじめたため。めっちゃダークですよね。

この2作を比較すると、やっぱりミステリとしての面白さは『Yの悲劇』に軍配があがると思います。

というよりこの記事でも書いていますが

【ミステリー小説のおすすめ】私が読んだ名作ミステリーを部門別にランキング!【国内&海外】

私が一番好きなミステリ作品がもうこの『Yの悲劇』なので仕方ないことなんですけどねw

構成の大きな違いとしては、『Yの悲劇』は本格推理ものらしく、現場に残された手がかりや証言から犯人を論理的に推理していくタイプ。

この『ねじれた家』は、複雑な人間関係をミスリードとして真相を森の中に隠しているというタイプの作品かと思います。

それでも犯人のインパクトから考えてもクリスティ作品の中では上位か

と、やはり『Yの悲劇』と比較してしまうとつらいところがある作品でしたが、

この『ねじれた家』も犯人の衝撃、またそれから来る独特の余韻はクリスティ作品の中でも上位で、ちょうどこれから原作を読もうと思いますが、結構好きな作品になりそうな予感です。

関連:原作を読んだ後にクリスティの主観まみれおすすめランキング作ってみました!

こんにちは!シュガーです。 Q.アガサ・クリスティのおすすめミステリは? A.『そして誰もいなくなった』『アクロイド殺し』『オリエン...

ちょうど今、『ねじれた家』の公開に合わせてAmazonではクリスティー作品のセールキャンペーンをやっているので、この機会に是非クリスティ作品を読んでみてはいかがでしょう。(なんとこの『ねじれた家』も361円で買えます)

映像化『ねじれた家』『予告殺人』ほかアガサ・クリスティーフェア(5/2まで)

また、こちらが超おすすめのキャンペーンなんですが、AmazonのオーディオブックサービスのAudible(オーディブル)で、今期間限定で

無料体験で聴くと最大3000円分のAmazonポイントがもらえるキャンペーン

が開催中です!

こちらでクリスティ作品は『そして誰もいなくなった』『オリエント急行の殺人』『ABC殺人事件』などを聴くことができまして、無料体験で1冊無料で聴けますからこれらの作品が無料で全編楽しめちゃいます。

その上3000円もらえるというだいぶ狂ったキャンペーンですので、見逃すことのないようチェックしておいてくださいね!

私自身はすでにオーディブル有料会員のヘビーユーザーですので、参考までにこちらもよければ御覧下さい。

【期間限定!!無料体験で聴くだけでAmazonポイントが3000円分もらえる!】Amazon「Audible」の無料期間の注意点とおすすめ書籍【思ったより凄かった】