PS5の予約が本日9/18より開始となります!

Amazonは新着の可能性があるので、必ずチェックしておくことをおすすめします!

PS5の関連ページはこちらから!

グリムドーン|各職のバフ・デバフの特徴と強みを最近やり始めたビギナー廃人が解説してみる!

シェアする

こんにちは!シュガーです。

今回はグリムドーンの各職業(マスタリー)のバフ・デバフの強み(主にサブ運用としての強みですね)に関して、プレイ時間350時間を超えた私が解説してみようと思います。

プレイ時間350時間とはどのような印象でしょうか。

悲しいことに、このゲームに関しては「350時間もやってるんだから信用してくれ!」とは全く思えません。正直初心者もいいところだと思います。

それでも一応各マスタリーを使った職業は一通り育てた&周りにいるので、今回できるだけ解説してみたいと思います。

ソルジャーの強み

ソルジャーは防御面・攻撃面を安定して強化することができるので、特に攻撃能力・防御能力の補強と盾持ちのビルドで使いやすい性能。

フィールドコマンド

まずソルジャーといえば、バフ「フィールドコマンド」が超優秀。

攻撃能力・防御能力を同時に大きく上げる(最大の22では両方156も上がる)という稀有な性能に加えて、装甲値が割合で上昇するため防御面が大幅に強化される。

後続のスクワッド・タクティクスでは更に全ダメージ上昇(最大175%)、攻撃速度・詠唱速度上昇(最大18%)まで追加されるという文字通り完璧すぎるバフ。

各種耐性と違って素で上限まで上げることがないステータスが上昇するため、マルチプレイでの最強のバフと言えるかもしれません。

オーバーガード

盾を持つならソルジャーを使えと言われる理由。

一定時間ダメージ吸収、シールドブロック率大幅上昇、ヘルス再生量増加。一定時間鉄壁になることができる。

オーバーガードの防御性能と、オーバーガードのリチャージ時間中のメンヒルの意志が合わさり生存力が他職とは段違いに。

メンヒルの防壁

ソルジャーの排他スキルの1つ。

盾装備時にダメージ吸収、治癒効果増加、ヘルス再生/s増加、ヘルス減少耐性増加などの防御面の強化に加えて物理ダメージ(最大77)、全報復ダメージ(最大+210%)を強化する。

ソルジャーにはもう一つオレロンの激怒という排他スキルがあり、あちらは物理、刺突ダメージと攻撃能力を強化するが、こちらのメンヒルの防壁にも物理ダメージの固定値上昇があるため、盾を装備するビルドの場合は防御面で圧倒的に優秀なこちらが使われやすい。

メンヒルの意志

一言で言えば、「死にかけたらHPが超回復するスキル」。

星座のグールも似たような運用方法ができますが、死にそうになったらHPが一気に回復するので生存率を大幅に高めることができます。

カウンターストライク

報復ビルドのお供になるトグルバフ。

物理報復の固定値、攻撃に報復ダメージを追加(最大22%)に加えて全報復ダメージを最大170%増加させる。

デモリッショニストの強み

排他スキルがないため自然と他ビルドに組み込みやすいのが特徴。

フレイムタッチ

火炎、雷と燃焼、感電ダメージを強化(最大210%)しつつ、攻撃能力を最大220上昇させる。

後続のテンパーでは刺突、物理ダメージも最大210%強化し、防御能力を最大198上昇させる攻防両面での便利なトグルスキル。

報復ダメージも最大で210%上昇させるので、報復ビルドにも使える可能性が。

ヴェンディクティヴフレイム

攻撃してきた敵に対して気絶効果を持つ反撃をしつつ、自身にはヘルス再生上昇、総合速度上昇のバフを付与する。

後続スキルのウルズインの怒りでは、さらに反撃が伝播するようになり、攻撃速度減少、ヘルス変換効果、ノックダウン効果が付与される。

オカルティストの強み

驚異的な毒酸耐性と超優秀なバフで、毒酸、生命力あたりの属性を使うビルドならかなり安定感が高い。

ドリーグの血

即時でHPを回復しつつ攻撃能力を大きく上昇させ(最大+210)、ヘルス再生力も上昇させる。

そして特筆すべきが後続スキルのアスペクト・オブ・ザ・ガーディアンによる性能追加で、調整をミスったんじゃないかというくらいの毒酸耐性上昇。

なんとレベル超過しなくても100%も毒酸耐性が上昇する(最大+150%)ので、オカルティストをビルドに組み込んでいれば毒酸耐性は完全に無視できてしまうというおかしさ。

さらに毒・酸・生命力・生命力減衰・報復ダメージを高めた上に何故か物理耐性まで最大18%も上昇する。

物理耐性18%というのは盾を持たないビルドでは最終的にここまで上がるか怪しいくらいの値であり、それがバフ1つだけで達成できるのがヤバい。

カースオブフレイルティー

見た目は地味そのものだが性能は凶悪なデバフ。

本体は移動速度減少、物理耐性、出血耐性ダウンのデバフとそれなりなものの、後続のヴァルネラビリティで追加される性能が強力で、防御能力(最大-130)、毒酸耐性、生命力耐性、エレメンタル耐性を大きく下げる(最大-40%)。

ドリーグの血で攻撃能力を上げ、このスキルでは相手の防御能力を下げるので一方的に大幅な有利を作り出すことができるのがズルい。

加えて優秀なのが、広範囲、毎秒判定による確率の試行回数の多さから星座をアサインしたときのトリガーとしての性能。見た目の地味さ以外は非常に優秀なスキル。

ポゼッション

カオス、毒酸、生命力ダメージを大幅に強化(最大210%)する排他スキル。

他職ではなかなか倍率を盛れない属性なので、これらを使うビルドを作る際に重宝する。

地味にカオス耐性が最大35%上がるのも嬉しい。

ビスミールの絆

ペットのヘルスを大幅に上昇させる。

後続のマニピュレイションでは全ダメージ、総合速度も上昇する。

ナイトブレイドの強み

ナイトブレイドはサブ運用よりメイン運用のほうが強みが活かしやすいマスタリーですが、冷気属性を使う場合はサブとしても十分使える性能を持つ。

ニューマチックバースト

回復兼バフスキル。

即時でHPを割合回復しつつ(最大40%)、ヘルス再生を大幅に上げながら総合速度を上昇させる。

後続のスキルで防御能力上昇(最大+220)、回避率上昇、捕縛時間短縮、エレメンタル耐性(最大40%)という防御面の強化と、エレメンタルダメージと凍傷ダメージの強化が可能(最大+175%)。

攻防両面で強力なバフだが2刀のときのみリチャージ時間が半分になるので、やはりナイトブレイドメイン向きになる。

ベールオブシャドウ

敵の攻撃能力を大きく下げつつ(最大-210)、移動速度を下げる割と広範囲のオーラ。引き撃ちする動きをするビルドと相性がいい。

後続のナイツチルでは刺突・毒酸・冷気耐性を下げつつ(最大-40%)、冷気・凍傷の持続ダメージを与える。

アルカニストの強み

優秀なバフを数多く持つので、サブとしての運用のイメージが湧きやすい。

イスカンドラのエレメンタルエクスチェンジ

エレメンタルダメージを強化し(最大94、210%)、エナジー吸収率を上昇させる。

後続のパッシブでは、オーバーロードでエレメンタルのDoTダメージを強化し、攻撃能力を強化(最大+252)、イーサー耐性も最大35%上昇。

エレメンタルバランスではエレメンタルのDoTダメージを更に強化し、クリティカルダメージを最大36%上昇させる。

エレメンタル系のビルドはもちろん、DoTを使うビルドにはかなり頼りになるバフ。

スターパクト

冷気、雷属性を強化しつつスキルのクールダウンを短縮する(最大15%)という強力な排他スキル。

強さが文字通りすぎて特筆することもないが、冷気を使うナイトブレイドや雷を使うシャーマンとは相性抜群の排他スキル。

以前はイーサー型ビルドでも使われるくらい強力だったが、イーサーを冷気に変換するようになってしまったのでイーサー型では使えなくなった。

イナーフォーカス

最大で精神力が35%、攻撃能力が18%上昇する。

単純な性能ながらも意味不明なくらい高性能なパッシブスキル。

アルケインウィル

意味不明に強いパッシブスキルその2。

ヘルスが75%を切ると発動し、最大で全ダメージ+320%、防御能力+280というめちゃくちゃな強化を受けることができる。

エレオクテスの鏡

いわゆる「無敵」スキル。

使用すると3秒間全ダメージを吸収する上、ナイトブレイドのブレイドバリアと違い、動くこともスキルを使うことも可能。

このような緊急回避スキルに頼らなければいけない場合はビルドの耐性などを見直したほうがいい場合もあるが、ネクロマンサーのマークオブトーメントのように似たスキルを順番に回すことで大幅に生存能力を上げる火力ビルドを作り上げることもできる。

シャーマンの強み

割と「なんでもできる系」の職で攻撃スキル、設置スキル、バフスキルすべてが高いレベルでまとまっている。

モグドロゲンズパクト

超優秀バフスキル。

本体の性能は地味だが、後続のハートオブザワイルドの大幅な最大ヘルス上昇(最大40%)、ヘルス再生量増加、中毒・出血時間短縮とオークスキンの装甲強化、ヘルス再生量増加、刺突耐性強化(最大60%)・イーサー耐性強化(最大35%)で大幅に生存力を上昇させる。

特に刺突耐性は地味に上げにくいので、これのありがたみはなかなかのもの。

最大ヘルス上昇は目に見えて強力(なんといっても40%上昇となると10000ヘルスが14000↑になるのだから)で、シャーマンがいるだけで死ににくさを実感できるに違いない。

プライマルボンド

ペットの全ダメージとクリティカルダメージを大幅に上昇させる排他スキル。

文字通りペットメインのビルドを作る際に。

サヴィジリィ

サヴィジリィ自体は通常攻撃の代替火力スキルとしての側面が強いが、後続のパッシブが超強力。

テナシティオブザボアは、サヴィジリィのチャージ中に、攻撃能力(最大+177)、防御能力(最大+133)、ヘルス再生(最大+140%)、減速耐性(最大35%)が強化されるという破格の性能。

マイティオブザベアはサヴィジリィのダメージを最大18%上昇させつつ、物理耐性を8%上昇する。つよい。

インクィジターの強み

インクィジターはわかりやすくバフが超強力で、攻防共に隙がないため、サブ運用に関しては非常に安定感が高い職。エレメンタルを使うなら安心して任せられる。

懲戒のオーラ

めちゃつよ排他スキル。

広範囲に火炎・燃焼ダメージを毎秒撒き散らしつつ(星座アサイン先としても優秀)、エレメンタル耐性を最大-40%下げ、敵ダメージを最大22%減少させ防御面も優秀、さらに確率で敵のスキルも妨害する。

インクをビルドに組み込んだ場合は真っ先にマスタリーを50まで振ってこのスキルを伸ばすのが鉄板。

インクィジターシール

この上に立てばでぇじょうぶだ魔法陣。

上に乗っていると固定値でのダメージ吸収(最大450)、ヘルス再生量増加(最大+65%)、エレメンタル耐性上昇(最大+40%)、さらに各種族へのダメージボーナスを最大30%も得る。

後続のアルケインエンパワーメントを伸ばすことで、シールの上でクリティカルダメージ最大25%、全ダメージ最大170%という超強力な火力強化も可能。

固定ダメージを吸収するので育成中の低レベル時はこの上にいると文字通り安置同然であり、エンドコンテンツでもエレメンタル耐性の大幅な超過とヘルス再生量増加でかなりの生存力貢献をしてくれる。

デッドリーエイム

攻撃がクリティカルヒットしたときに、全ダメージ(最大125%)、クリティカルダメージ(最大25%)、攻撃能力(最大24%)のバフを得る超火力バフ。

特筆すべきことはないがシンプルに強すぎる。

ワードオブリニューアル

HPの即時回復に加えてバフがかかる、ナイトブレイドのニューマチックバーストと似たところがあるスキル。あちらと比べるとHPの回復能力が弱く、バフとしての側面が強い。

しかしバフ性能は非常に高く、まず本体での防御能力の強化(最大+263)、クトーニック、エルドリッチからのダメージ減少(最大15%)、移動速度の強化。

後続のパッシブではヴィガーのヘルス増加(最大2320)、捕縛系の時間短縮(最大40%)。

そしてスチールリゾルブはかなりの超性能で、物理ダメージの固定値強化、割合強化(最大+100%)、体内損傷ダメージ強化(最大+100%)、エレメンタルダメージ強化(最大+100%)、クトーニック、エルドリッチへのダメージ上昇(最大+18%)と攻撃面を大幅に強化しつつ、イーサーとカオス耐性も最大40%強化する。

両手武器を装備しているとクールダウン時間が6秒も短縮されるので、回復としても使いやすくなる。

ネクロマンサーの強み

個人的にサブ目的での運用は難しめのマスタリーで、サブとしてはイーサー強化、生存力強化の面が強い。

マークオブトーメント

敵1体と自分をつなげて、最大でダメージを60%吸収しつつその吸収ダメージの500%を敵に反射するという攻防一体のスキル。

持続時間は最大で6秒だが、この6秒間はかなりの生存力が得られる。アルカニストのエレオクテスの鏡と順番に使うことでかなりの生存力が得られる。

スペクトラルバインディング

イーサービルドのお供。

イーサーダメージを最大で固定値88、+175%強化しつつ、ヘルス増加(最大で3050)、攻撃能力も最大174上昇させる。

さらに後続スキルでは攻撃を受けたときにイーサー、生命力ダメージを範囲に撒きつつ、イーサー耐性、生命力耐性を最大44%下げ、攻撃速度と物理耐性(最大-35%)を下げる。

コールオブザグレイブ

ペットの全ダメージやクリティカルダメージ、毒・生命力ダメージなど火力面を強化する。

ペットビルドを使う際に。

マスターオブデス

ペットビルドのお供の排他スキル。

ペットを大幅に強化するだけでなく、自身の攻撃能力、防御能力を大きく上昇させるのが特徴。また、生命力耐性が上がる(最大35%)のも地味に嬉しい。

ハービンジャーオブソウルズ

イーサービルドのお供の排他スキル。

最大で生命力、生命力減衰、イーサーのダメージを210%強化しつつ生命力減衰の持続時間を大幅に延長する。

加えて攻撃速度、詠唱速度を20%上昇させ、武器ダメージにヘルス変換16%が追加される。

オースキーパーの強み

報復ダメージを高めるバフに加えて、生存力を高めるバフが多い。

また属性としては火炎を強化するのに秀でている。

美徳の防御

攻撃能力を最大220増加させ、エナジー再生と物理報復(最大280)を上昇させる。

後続の安息所ではヘルスを最大28%強化し、治癒効果、シールドブロック率、シールドダメージブロックを割合上昇させる。

更に後続の叱責ではヘルス減少耐性、反射ダメージ削減という珍しい強化に加えて、ここでも報復ダメージが最大185%増加する。

全体的に報復ビルド向けのバフ効果。

正義の熱情

本体はシャーマンのサヴィジリィに似たチャージ系の通常攻撃代替スキルだが、これもサヴィジリィ同様に後続のバフが強力。

神聖化では防御能力(最大+154)、攻撃速度(最大+18%)に加えてエレメンタル耐性(最大35%)、装甲強化(最大+25%)が得られる。特に装甲強化の値はかなりのもので生存力を高めてくれる。

さらに後続の応報では報復ダメージを攻撃に追加してくれるようになるため、遠距離から殴ってくる敵などに対してのメインの攻撃手段となって活躍してくれる。

アセンション

かなり強力な一時火力バフ。

最大でダメージ吸収290、全ダメージと全報復ダメージの330%強化、火炎報復695を得る。

後続の決意明瞭では最大で攻撃能力20%に加えて気絶・凍結・石化・捕縛時間を60%短縮。

リチャージ24秒に対して効果時間は10秒なので、クールタイムを考慮する必要がある。

神の信任

排他スキル。

クリティカルダメージを最大77%、火炎&燃焼、物理ダメージ、体内損傷を最大210%強化する。

三神の道

サブ運用する際にかなり面白い排他スキル。

毒酸ダメージと生命力ダメージを強化し(最大210%)、物理→酸ダメージ変換15%と火炎→酸ダメージ変換(最大60%)、スキルクールダウン(最大15%)というかなりユニークな効果を持つ。

サモンガーディアンの後続スキルで毒酸耐性を下げることもできるので、属性変換での毒酸系ビルドを作ることが可能(毒酸ダーヴィッシュなど)

マルチプレイでありがたいバフ&マルチプレイ最適のバッファーは誰だ?

マルチプレイでありがたいバフの特徴が、

  • OA/DA(攻撃能力・防御能力)を上げる
  • ヘルスが上昇する
  • 速度に補正がかかる

特にこのあたりかと思います。

理由は耐性は自力で80+超過させるため、他の人のバフには頼れないからです。(それでも超過分が増えるのはありがたいですが)

これを考慮してパーティバフとして強いものを挙げると、

  • フィールドコマンド(OA/DA、装甲値が上昇し全ダメージ、攻撃速度・詠唱速度が上昇する←完璧
  • モグドロゲンズパクト(最大ヘルスが大幅上昇、装甲強化、ヘルス再生増加)
  • ドリーグの血(OA上昇、毒酸耐性完璧、物理耐性大幅上昇)
  • インクィジターシール(ヘルス再生量増加、ダメージ吸収、エレメンタル耐性、後続スキルで全ダメージ強化)

このあたりが特に強いかなと。

デバフは、

  • 懲戒のオーラ(エレメンタル耐性ダウン、スキル妨害、ダメージ減少)
  • カースオブフレイルティ(移動速度、物理耐性、エレメンタル耐性、毒酸耐性、出血耐性、生命力耐性ダウン)

が抜けているかなと。

このことから、マルチで優れている職はソルジャー、シャーマン、インクィジター、オカルティストを含んだ

  • ウォーダー
  • ウィッチブレイド
  • ヴィンディケイター
  • タクティシャン

あたりかな?という結論です。