【知名度低】ミステリオタクがミステリ/サスペンス映画の隠れた名作を紹介する!

シェアする

注目ニュース(新しいタブで開きます):

Amazonサイバーマンデーが12/6(金)からスタート!年末のお得なセールをチェックしよう!

DQ11Sは「すべての敵が強い」でYouTubeに動画をアップしてます!宝箱なども回収する攻略動画になっているので、チャンネル登録よろしくお願いいたします!

・Amazonの音読サービス「Audible」で有名な本がオーディオブックとして1冊無料で”聴ける”!

私のレビュー&詳しく&無料期間のお得な本の選び方はこちら

FF7リメイクが早速予約開始!私は特典付きを予約しました!

サスペリアpart2 動画

こんにちは!シュガーです。

今回も私が大好きなミステリのお話なんですが、テーマは「隠れた名作映画」。

面白いミステリ・サスペンス映画はこの世にたくさんあるんですが、今回はなかなか観られていない隠れた名作に絞って紹介していこうと思います。

この”隠れた”名作の条件ですが、映画レビューサイト「Filmarks」のレビュー数3000以下(記事作成時点)というのを基準にやっていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

『サスペリア Part2』

あるクリスマスの夜、レコードから子供の歌が流れるなか殺人が行われた。子供の叫び声、地面に落ちた血の付いた包丁、その包丁に近づく子供の足。

それから数十年の時が流れた。ある欧州超心霊学会でテレパシーの持ち主であるヘルガ・ウルマンの講演が行われていた。彼女は聴衆の一人がポケットに鍵を持っていることや、名前を言い当てるなどして聴衆を驚かせた。しかし突然彼女は苦しみだし、悲鳴を上げた。聴衆の中にかつて人を殺した邪悪な者を感じたのだと。そしてその者は再び人を殺すと言うのである。彼女が叫ぶ中、聴衆の中の一人がその場を立ち去る。

その晩ヘルガはアパートに戻り電話をしていたが、どこからともなく子供の歌が聞こえてきた。そしてドアの呼び鈴が鳴る。彼女はドアの前で異様な殺気を感じるが、その瞬間ドアが開き、大きな包丁が彼女に振り下ろされた。

Wikipediaより

1発目はサスペリアPart2!

知名度は低いがオタクなら知っている映画の代表例ではないでしょうか。

邦題が『サスペリアpart2』となっていますが、『サスペリア』とは全く関係ない作品で、原題を訳すと『紅い深淵』というタイトルです。簡単に言えば邦題がゴミカスってことです。

1978年と少し古めではありますが、カルト的なファンの多いサスペンス作品で、とにかくミステリとしては相当強気な伏線が張られているのとアート性が抜群な作品です。

これこそまさに「観終わった後必ずもう一度観たくなる作品」で、ミステリとしては間違いなく傑作の部類です。

少し前まではU-NEXTで観ることができたのですが、2019年11/28現在配信されているサービスはありません。

ジャンル:ミステリ

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★★★★

話の面白さ:★★★

謎解き度:★★★★

完成度:★★★★★

おすすめランク:S

TSUTAYAディスカスで『サスペリア Part2』をレンタルする

『黙秘』

ニューヨークでジャーナリストとして働くセリーナは、故郷メイン州の小島で暮らす母ドロレス・クレイボーンが、メイドとして仕えていた富豪のヴェラ・ドノヴァンを殺害した容疑で逮捕された事を知り、故郷に帰る。

ドロレスと久々に会い、事件の真相を聞き出そうとするセリーナであったが、ドロレスは無実を主張する一方で、詳細については一切黙秘する。

Wikipediaより

スティーブン・キング原作の『ドロレス・クレイボーン』の映画化作品。

話は大富豪のベラ殺害事件を中心に進行しますが、物語の着地点はもう一歩進んだところにあるあたりが流石の面白さ。

スティーブン・キング原作の映画は本当に名作が多いですが、この『黙秘』は名画が多い95年の作品なので埋もれがちで、案外観ていない人が多いかもしれません。めちゃくちゃ面白いのでぜひ。

ジャンル:ミステリ

結末の衝撃:★★★★

巧妙な伏線:★★★

話の面白さ:★★★★

謎解き度:★★★

完成度:★★★★

おすすめランク:S

『黙秘』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)(2020年8/31まで)

『薔薇の名前』

14世紀の修道院で、奇怪な連続殺人事件が発生。ある者は悪魔の仕業だと言い、ある者は一連の死と聖書との関係に注目した。しかしバスカヴィルのウィリアム修道士の考えは違った。彼は異端者の道具――すなわち事実と推理を用いて、犯人を突き止めようとする。

Amazonより

名作ミステリとして名高い原作の、ありがたい映画化作品。

何がありがたいのかというと、原作のボリュームがあまりにもありすぎて挫折した過去があるからです。笑

舞台は中世、イタリアの修道院で起こる、連続殺人事件です。修道院なだけあって宗教色が強い雰囲気ではありますが、ミステリとしてはかなり王道の構成で、おすすめです。

ただやはり原作ファンからは、これを映画の132分というボリュームでやるのは無理があるという評価も多いようですね。いつか読まねば。

ジャンル:ミステリ

結末の衝撃:★★★★

巧妙な伏線:★★★★

話の面白さ:★★★

謎解き度:★★★★

完成度:★★★★★

おすすめランク:A

『薔薇の名前』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)(2020年10/14まで)

『悪魔の手毬唄』(金田一耕助シリーズ)

文明社会から隔離され、古い因習がいまも力を持つ鬼首村(オニコベムラ)。村に伝わる手毬唄。その歌詞に見立てた殺人事件が発生する。事件解決を依頼された金田一耕助。やがて、事件の背後に村を二分する二大勢力、由良家と仁礼家の存在が浮かび上がってくる。金田一は真犯人を見つけ出すため、失われた手毬唄の秘密を追うが……。石坂浩二の金田一耕助シリーズ第二弾。

Yahoo!映画より

金田一シリーズはミステリが好きなら映像化されているものはほぼ全て抑えておきたいですね。

おすすめは『悪魔の手毬唄』『犬神家の一族』『八つ墓村』『獄門島』の4作。この4つは最低限!!マスト!!って感じです。

特に『悪魔の手毬唄』は原作ですと他の作品に面白さとしては劣ると思っているんですが、映像化されているものの中では個人的には一番の傑作で、邦画ミステリの中ではトップのクオリティだと思います。(ビジュアルの強烈さも異常です

金田一シリーズは原作も面白いので、映画が好きなら一度読んでみるのもおすすめしますよ~。

ジャンル:ミステリ

結末の衝撃:★★★★

巧妙な伏線:★★★★★

話の面白さ:★★★★

謎解き度:★★★★★

完成度:★★★★★

おすすめランク:S

TSUTAYAディスカスで『悪魔の手毬唄』をレンタルする

『瞳の奥の秘密』

ブエノスアイレスの連邦刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前に起きたある悲惨な事件を描いた小説を執筆しようとしている。それは新婚の美しい女性が自宅で暴行殺害された事件で、ベンハミンが同僚のパブロや上司のイレーネとともに、苦労の末に真犯人を逮捕したという忘れられない記憶だった。事件は解決したかに見えたが、その後不可解な経緯をたどっていた。事件の真相を暴いていく中で、同時にもう一つの真実が明らかになっていく。

Wikipediaより

アルゼンチン映画の名作ミステリ。第82回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。

25年前に起きた暴行殺人事件を小説として執筆しようとしている主人公。25年前と現在をいったりきたりしながら、過去のいろいろな感情や事件の真相があぶり出されるという構成。

とにかく大人のミステリという印象で、伏線の張り方と余韻の残し方が物凄い。

ハリウッドでも「シークレット・アイズ」というタイトルでリメイクされていますが、こちらのアルゼンチン版のほうがおすすめです。

ジャンル:ミステリ

結末の衝撃:★★★

巧妙な伏線:★★★★

話の面白さ:★★★★★

謎解き度:★★★★

完成度:★★★★★

おすすめランク:A

TSUTAYAディスカスで『瞳の奥の秘密』をレンタルする

『趣味の問題』

洗練された趣味を持ち美食家として知られる実業家フレデリックはある日、レストランで働く青年ニコラに出会う。彼の感性に惚れ込んだフレデリックは専属の試食係としてニコラを雇う。彼は常にニコラを帯同し、自分の趣味を徹底的に教え込む。やがてそれは食事だけにとどまらず、どんどんエスカレートしていった……。フィリップ・バランの小説を映画化した心理サスペンス。

Yahoo!映画より

まさかのFilmarksレビュー数100以下でめちゃくちゃ驚いている作品。え、そんなにマイナー…?

美食家であり実業家の男が、主人公を専属の試食係として雇い、常に行動を共にするようになるが、徐々に試食係としての枠を越えた要求が出てきて…というサスペンスなんですが、脚本が見事なのでグイグイ引き込まれます。

静かな狂気が好きな方におすすめの1作です。

ジャンル:サスペンス

結末の衝撃:★★★

巧妙な伏線:★★

話の面白さ:★★★★★

謎解き度:★★★

完成度:★★★★★

おすすめランク:A

TSUTAYAディスカスで『趣味の問題』をレンタルする

『海にかかる霧』

漁船チョンジン号の船長チョルジュ(キム・ユンソク)は不漁に苦しみ、漁船の修理もままならないほどに困窮していた。新人乗組員ドンシク(パク・ユチョン)以下5人の乗組員の生活のための金策に走り回る中、チョルジュは中国の朝鮮族の密航を仕方なく引き受けることとなった。密航決行の夜、荒れた沖合に出たチョンジン号に中国船から飛び移る密航者たちの中で、一人の若い女性ホンメ(ハン・イェリ)が海に転落する。それを見たドンシクは海に飛び込み、ホンメを救出する。しだいにホンメに好意を抱くようになったドンシクはホンメを船の機関室に招き入れるが、そこに海洋警察の巡視船が現れる。

Wikipediaより

『殺人の追憶』『母なる証明』のポン・ジュノ監督・脚本作品。

実際にあった事件である「テチャン号事件」をモデルにした韓国映画です。

これを観た時韓国映画にハマっていたんですが、韓国映画のサスペンスってかなりクオリティが高いのでおすすめです。この作品は極限状態における人間の内面がかなり生々しく描かれているのも特徴です。

とにかく後味が独特で強烈なので、ぜひ観てほしい作品ですね。

ジャンル:サスペンス

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★

話の面白さ:★★★★★

謎解き度:★★

完成度:★★★★★

おすすめランク:A

『海にかかる霧』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)(2021年4/9まで)

『マーシュランド』

1939年から1975年まで続いたフランコ独裁体制の爪痕がいまだに残っている、1980年のスペイン・アンダルシア州にある小さな町が舞台である。首都マドリードからラス・マリスマス(グアダルキビール湿地)近くの町に左遷された刑事のペドロは、町の祭礼中に強姦されて殺害された2人の少女の事件を捜査する。ペドロはベテラン刑事のフアンとコンビを組み、過去にも似たような少女の失踪事件が起こっていることに気付く。ふたりの捜査方針の違い、貧困、差別、汚職、小児性愛、麻薬密売など多くの問題に行く手を阻まれながら、ペドロとフアンは冷酷な犯罪者と対面する。

Wikipediaより

スペインのアカデミー賞であるゴヤ賞を総なめにしたミステリ。

湿地帯の町を舞台にした連続暴行殺人事件に、人間性が間逆なコンビが挑む王道の構成。

かなり静かなタイプな本格ミステリですが、伏線の回収も綺麗で結末も独特です。

ジメっとした雰囲気の重厚なミステリが好きな方はぜひ。

ジャンル:ミステリ

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★★★

話の面白さ:★★★

謎解き度:★★★★

完成度:★★★★

おすすめランク:B

『マーシュランド』をU-NEXTで観る(1ヶ月無料)(2019年12/31まで)

最後に:韓国映画には良質なサスペンスが多いので、普段触れていない方にはおすすめ

流石に知名度が低い作品なのもあって、動画配信サービスでは観られない作品が多かったですがいかがだったでしょうか。

こちらで紹介している映画は現状配信されているものが意外にも全てU-NEXTのみだったのもあり、やっぱりマイナーな良質ミステリ・サスペンス映画はU-NEXTに集中しているなという印象を受けました。

特にこのジャンルは韓国映画に面白いものがとても多くて(『殺人の追憶』をはじめとした韓国の名作ミステリ・サスペンス映画も、U-NEXTだけで多く配信されています)、普段韓国映画を観ないという方にはかなりおすすめできます。

この記事をきっかけに新たな映画との出会いがあったなら嬉しいです!

加えて、ミステリは私としては映画より本のほうが絶対に面白いと思っているので、

ミステリ・サスペンス映画は大好きだけど本は知らない…でも興味ある!という方はぜひこちらの記事も読んで新しい出会いのきっかけにしてくださると嬉しいです。

この記事では、私が今まで読んだミステリーを「結末の衝撃」「巧妙な伏線」「一気に読ませる」「話の面白さ」「完成度」の観点からS/A/B/Cの4...