【ミステリー小説のおすすめ】私が読んだミステリーをランキング付けしてみる!【国内&海外】

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは!シュガーです。

今回は私が読んだミステリーを、読書記録を兼ねてランク付けしてみようと思います。自分だけの本棚を作るつもりで随時更新します!

ここに紹介しているものは少なくとも私が結構面白いと感じたものだけなので、当然個人的な好みと未読による抜けがかなり含まれますが(特に合わないと思った作家は基本読まないため)、ツボが似てるなと思った方にはお役に立てるかもと思いますので、是非楽しんでいって下さいね!

5つの部門、5つの評価点で作品をランク評価してみた

今回は5つの評価でそれぞれの作品に星をつけ、それぞれ5つの部門で作品を紹介することにしました。

5つの評価点

①結末の衝撃

は、文字通りどんでん返しの強烈さ、トリックの意外性、結末の驚きの大きさ。

②巧妙な伏線

は、ヒントが巧みに出されていたか、そしてそれによってもう一度読んだときに唸らされるかどうか。結末の衝撃の★が多くこの②の★が少ない場合は、フェアな謎解き小説というよりは騙しの小説に印象が近くなっていくと考えていただければOKです。

③一気に読ませる

は文字通り。★5はノンストップでいけたものです。

④話の面白さ

はミステリ度外視で本自体のストーリーが面白かったかどうか。

⑤完成度

仕上がりの良さ。ツッコミどころ、不満点の少なさ

5つの部門

5つの部門は、

①どんでん返し部門(1ページ目)

②プロット(物語)完成度部門(2ページ目)

③トリック部門(3ページ目)

④一気読み部門(4ページ目)

⑤サスペンス部門(5ページ目)

⑥番外:私が好きなミステリーベスト10(6ページ目)

です。

かといって、「プロット部門にある作品にはどんでん返しがない」ということはまっっったくないです。私がその作品が好きな一番の理由を、部門という形にして紹介しています。

叙述トリックのミステリーに関しては別の記事でまとめていますので、こちらをどうぞ。

叙述トリックのおすすめミステリーランキング

前置きが長くなりましたが、スタートです!

スポンサーリンク

おすすめミステリー「どんでん返し」部門

『十角館の殺人』

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!
1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。

海外古典ミステリばかり読んでいた私が国内ミステリにハマるきっかけを作ってくれた思い出の一冊。『そして誰もいなくなった』をオマージュしているので、海外ミステリファンがこの作品から国内ミステリに挑戦した場合おそらく100%衝撃を受けますねw

叙述トリックに初めて触れた一冊でもあり、あの有名な一行で背筋が凍った体験は今でも忘れられません。

というか、背中がゾクゾクっとしたのなんてあれが人生で初でしたw 一言で「ドカン」と来るという意味では右に出るものはいない作品ですね。

普段ミステリに触れる機会がない方に、最初に手に取って欲しい一冊です。私と同じように、ハマるきっかけになってくれるかもしれません。

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★

一気に読ませる:★★★★★

話の面白さ:★★★

完成度:★★★★

おすすめランク:A

『ハサミ男』

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。3番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作!

連続殺人犯である「ハサミ男」が次の被害者を殺そうと狙っていたところ、自分が殺す前に他の人に殺されてしまい、しかも自分と同じ手口の模倣犯による犯行だった!

そしてハサミ男本人が事件の調査を始めるというユニークな滑り出しに引き込まれます。

こちらもあるトリックで有名な作品で、ミステリーとしての満足度は一級品。最近のミステリーはメインの大トリックを1つに絞っていることが多い印象がありますが、この作品は核となる謎が多く、多くの読者は見事に目を眩まされてしまうと思います。

さらにこの『ハサミ男』は登場人物とストーリー自体がかなり面白く、この点でも他のミステリーの一歩上を行っていると思います。

ちなみにこの作品は映画化もされていますが、小説未読の方は観ないことはもちろん、絶対に調べもしないでください。ネタバレされます…。

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★★★

一気に読ませる:★★★★

話の面白さ:★★★★★

完成度:★★★

おすすめランク:A

『殺戮にいたる病』

永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

かまいたちの夜でも有名な我孫子武丸先生の1作。

この作品をネタバレなしに語るのは不可能な気がしますが、ある種のトリックでは私はダントツのクオリティだと思っていて、これ以降同じトリックで挑んだ作品はこの『殺戮に至る病』を越えられてないなぁと感じます。とにかくラストの衝撃が半端ない。色んな意味で。

かなり内容が生々しくてグロいので、その耐性が極端に低い人には全くおすすめできないんですが、大丈夫という人には真っ先におすすめして、本を貸したりしています。笑

返してもらう時に大体いいリアクションを返してくれるので、信頼している一冊です!

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★★★★

一気に読ませる:★★★★★

話の面白さ:★

完成度:★★★★★

おすすめランク:A

『星降り山荘の殺人』

雪に閉ざされた山荘。そこは当然、交通が遮断され、電気も電話も通じていない世界。集まるのはUFO研究家など一癖も二癖もある人物達。突如、発生する殺人事件。そして、「スターウォッチャー」星園詩郎の華麗なる推理。あくまでもフェアに、真正面から「本格」に挑んだ本作、読者は犯人を指摘する事が出来るか。

雪の降る外界から遮断された山荘が舞台で、各章のはじめに作者からの説明文があり(この章では○○が起こる。この点に注意、など)、本格ミステリのような雰囲気を醸し出す一作。

他の叙述ミステリとは少し違ったところに核がある作品で、わりと人を選ぶと思いますが私は結構好きです。この本に関してはネタバレせずにコメントするのが難しいw

最近(2017年夏)新装改訂版が出たので、これを機会に手にとって見るのをおすすめします。

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★★★

一気に読ませる:★★

話の面白さ:★★★

完成度:★★★★

おすすめランク:B

『迷路館の殺人』

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた四人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった。周到な企みと徹底的な遊び心でミステリファンを驚喜させたシリーズ第三作、待望の新装改訂版。初期「新本格」を象徴する傑作。

綾辻行人の館シリーズ3作目。

迷路が張り巡らされた館の中で、推理作家が迷路館をテーマにした推理小説を書くが、その通りに次々に殺人が起こってしまう。

とにかくテンポがいいので一気に読めますし、ラストのどんでん返しも衝撃的です。十角館が気に入った方は是非。

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★★

一気に読ませる:★★★★★

話の面白さ:★★★★

完成度:★★★

おすすめランク:B

『倒錯のロンド』

精魂こめて執筆し、受賞まちがいなしと自負した推理小説新人賞応募作が盗まれた!? ──その“原作者”と“盗作者”の、緊迫の駆け引き。巧妙極まりない仕掛けとリフレインする謎が解き明かされたときの衝撃の真相。鬼才島田荘司氏が「驚嘆すべき傑作」と賞賛した、本格推理の俊鋭による渾身の長編推理小説。

折原一の作品で最も有名だと思われる作品。

作家志望の主人公:山本が月刊推理新人賞に受賞確実の手応えを感じた作品『幻の女』。手書き原稿を友人にタイプで打ってもらうことにするのだが、その友人がなんと原稿を紛失。そしてそれを拾った第三者が何気なしに読んだ『幻の女』の出来に感嘆し、受賞により得られる賞金と印税目的に、自分のものとして月刊推理賞に応募し、なんと受賞してしまう…!?

原作者と盗作者の駆け引きが殺人にまで発展していくこの作品は、とにかく話の展開が超がつくほど面白い。

とにかく先が気になって読んでいるうちにもう終盤。「ここからどんでん返しです」と筆者に言われて「あれ、もうそんなとこまで来てたのか!」と驚いてしまいます。

騙しの作品としては間違いなく超S級なのですが、大前提となるトリックが人を選ぶかもしれない…!私もあれさえなければと思っている読者の1人です。

でも、「サクッと読めて綺麗に騙される」話やサスペンスが好きなら超おすすめの一冊です。

結末の衝撃:★★★★

巧妙な伏線:★★

一気に読ませる:★★★★★

話の面白さ:★★★★★

完成度:★★

おすすめランク:B

『夜歩く』

「我、近く汝のもとに赴きて結婚せん」という奇妙な手紙と佝僂の写真が、古神家の令嬢八千代のもとにまいこんだ。三日後に起きた、キャバレー『花』での佝僂画家狙撃事件。それが首無し連続殺人の発端だった……。因縁の呪いか?憎悪、貪欲、不倫、迷信、嫉妬と、どす黒い要素が執念深くからみあって、古神家にまつわる、世にも凄惨な殺人事件の幕が切って落とされた! !

横溝正史の金田一耕助シリーズの作品。

このシリーズは映像化の影響か、獄門島、犬神家の一族、八つ墓村、悪魔の手毬唄あたりが圧倒的な知名度を持っていると思いますが、この夜歩くもめちゃくちゃ面白いのでおすすめです。私は獄門島の次に好きです。

最近の国内小説ばかり読んでいると、この作品から醸し出される雰囲気のおどろおどろしさに驚くかも。オチの切れ味も抜群ですよ。

結末の衝撃:★★★★

巧妙な伏線:★★

一気に読ませる:★★★

話の面白さ:★★★

完成度:★★★

おすすめランク:B

『儚い羊たちの祝宴』

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。

本の説明で「暗黒ミステリ」と書かれているように、とにかく暗鬱な短編が集まった作品。

どれも結末でゾクっとくる話ばかりで、短編でここまで楽しめるものかと驚きます。

さらに短編でありながらどれも一筋縄ではいかない話ばかりで、深読みして初めてわかる衝撃も散りばめられています。

どんでん返し好きに是非おすすめしたい一冊です。

『葉桜の季節に君を想うということ』

これはなかなか問題作の部類だと思います。とにかく尖った作品なので人を選びます。

トリックはもちろん、ストーリーの本筋とキャラクターという点でも人を選びますw

私はあまり好きじゃなかったんですが、トリックを見破るつもりですごく丁寧に読み進める結構ガチ志向の人や、とにかく騙されることが快感だという人には強くおすすめ。

何故ならこの作品は、他の作品に比べて圧倒的にオチを見破るのが難しいんじゃないかと私は思っているからです。なので、本気で挑むにはかなり手応えがあるでしょうし、騙されたい人にはもってこいです。

ラストに伏線に関しての解説がありますが、解説をしっかりしないとアンフェアに思われるんじゃないかというようなレベルの伏線が多く、それを「よく出来てるなぁ」と感じるか、「ここまでして騙したいの?」と感じるかでトリックへの好みがわかれると思います。

私はミステリーに関しては作者側も危ない綱渡りしているほうが好みで、作者がヒントを出していればいるほど、騙された時に「お見事」と言いたくなるんですよね。

しかしこの作品に関しては、パワーバランスが圧倒的に作者側にあるように感じられて、読者である私は圧倒的なパワーで為す術もなく散ったという感覚でした。

とは言え、結末の衝撃度なら間違いなくトップクラスの一冊なので、気になる方は是非手にとってみてください!

結末の衝撃:★★★★★

巧妙な伏線:★★★★(もはや巧妙を越えた理論的な伏線)

一気に読ませる:★★★

話の面白さ:★★

完成度:★★★★

おすすめランク:B

①どんでん返し部門(1ページ目)

②プロット(物語)完成度部門(2ページ目)

③トリック部門(3ページ目)

④一気読み部門(4ページ目)

⑤サスペンス部門(5ページ目)

⑥番外:私が好きなミステリベスト10(6ページ目)